山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

目で見る毛利家あれこれ

~毛利博物館収蔵資料と歴史ばなし~

第424回

2018.12.17目で見る毛利家あれこれ

写真は、文久三年(一八六三)の正月十七日に、長州(萩)藩主毛利敬親が、宮中で孝明天皇から拝領した「天盃(てんぱい)」です。「天盃」とは、天皇から下される御酒を注ぐ盃のことで、これは素焼きの…続きを読む

第423回

2018.12.07目で見る毛利家あれこれ

写真は、文久四年(一八六四)の正月三日に、長州(萩)藩主毛利敬親が記した訓示の一部です。冒頭から、防長二州はいかようになろうとも、「皇国」すなわち日本のために尽くす所存である、と述べ、その…続きを読む

第422回

2018.11.30目で見る毛利家あれこれ

写真は、毛利家の老臣志道広良(しじひろよし)が、毛利家の当主毛利隆元に提出した「言上状」です。短いものですが、隆元の父元就からの書状を受け取った広良が、その書状を隆元に渡すにあたり、自らの…続きを読む

第421回

2018.11.23目で見る毛利家あれこれ

写真は、毛利元就の自筆書状です。前半部分が欠けているため、宛先がはっきりとしませんが、内容から、老臣志道広良(しじひろよし)に宛てたものだとされています。   内容は、家督を譲っ…続きを読む

第420回

2018.11.16目で見る毛利家あれこれ

 写真は、毛利元就ら安芸国(広島県)の有力な領主である、十二人の「国衆」が軍勢狼藉の防止と発見したときの処罰法、無断での陣払、すなわち戦陣からの撤退を禁じた契約書です。   軍勢…続きを読む

第419回

2018.11.09目で見る毛利家あれこれ

写真は、毛利元就が長男の隆元、次男の吉川元春、三男の小早川隆景に宛てた書状です。後世、毛利家結束の象徴として知られることから「三子教訓状」と呼ばれる著名なものです。   元就が筆…続きを読む

第418回

2018.11.02目で見る毛利家あれこれ

写真は、毛利元就の肖像画です。テレビや教科書などでもおなじみの肖像画ですから、よく見ることがあるのではないでしょうか。   制作年代ははっきりしません。ただ、画像上部の賛は、天正…続きを読む

第417回

2018.10.26目で見る毛利家あれこれ

写真は、毛利元就所用の「色々威腹巻(いろいろおどしはらまき)」です。   腹巻はよろいの一種で、背中で引き合わせる形式のものをいい、鎌倉時代以来の大鎧(おおよろい)に対して、軽装…続きを読む

第416回

2018.10.19目で見る毛利家あれこれ

写真は、明治政府が、吉川経幹(つねまさ・駿河守)を城主格とした辞令の写です。城主格とは、文字どおり城持大名の意で、大名の格式の一つとして、国持に次ぐとされました。江戸時代、城郭を新たに作る…続きを読む

第415回

2018.10.12目で見る毛利家あれこれ

写真は、長州(萩・山口)藩最後の藩主毛利元徳の正室安子の肖像画です。実子に恵まれなかった長州藩主毛利敬親は、支藩主徳山毛利家より元徳を養子に迎えて、嗣子に据えました。同時に、同じく支藩主長…続きを読む