山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

疎陂駅に宿す

2020.01.17漢詩に見る折々の人生

秋染棠梨葉半紅 荊州東望草平空 誰知孤宦天涯意 微雨瀟瀟古駅中   唐の王周(おうしゅう、生没年不明)の「疎陂駅(しゅはえき)に宿す」。疎陂駅は駅舎の名。位置は不明。 &nbsp…続きを読む

西施の石

2020.01.10漢詩に見る折々の人生

西施昔日浣紗津 石上青苔思殺人 一去姑蘇不復返 岸傍桃李為誰春   唐の楼穎(ろうえい、生没年不明)の「西施(せいし)の石」。西施は春秋時代の越の美女。石は西施が岸辺で薄絹を洗っ…続きを読む

塞下の曲

2019.12.26漢詩に見る折々の人生

寒塞無因見落梅 胡人吹入笛声来 労労亭上春応度 夜夜城南戦未囘   唐の釈皎然(しゃくこうねん、生没年不明)の「塞下(さいか)の曲」。塞下は国境付近。   ■読みと解釈…続きを読む

杜十四の江南に之くを送る

2019.12.20漢詩に見る折々の人生

荊呉相接水為郷 君去春江正淼茫 日暮孤舟何処泊 天涯一望断人腸   六八九年生まれの孟浩然(もうこうねん)の「杜十四(とじゅうし)の江南に之(ゆ)くを送る」。杜は姓。十四は一族同…続きを読む

華清宮

2019.12.13漢詩に見る折々の人生

草遮囘磴絶鳴鸞 雲樹深深碧殿寒 明月自来還自去 更無人倚玉欄干   唐の崔魯(さいろ、生没年不明)の「華清宮(かせいきゅう)」。華清宮は玄宗皇帝と楊貴妃が遊んだ宮殿。 &nbsp…続きを読む

嘉陵の駅

2019.12.06漢詩に見る折々の人生

悠悠風旆遶山川 山駅空濛雨作烟 路半嘉陵頭已白 蜀門西更上青天   七五八年生まれの武元衡(ぶげんこう)の「嘉陵(かりょう)の駅」。嘉陵は今の四川省。駅は宿屋。   ■…続きを読む

曾山にて別るるを送る

2019.11.29漢詩に見る折々の人生

凄凄遊子苦飄蓬 明月青樽祇暫同 南望千山如黛色 愁君客路在其中   唐の皇甫冉(こうほぜん、生没年不明)の「曾山(そうざん)にて別るるを送る」。曾山は上海の南の山。  …続きを読む

雨淋と鈴

2019.11.22漢詩に見る折々の人生

雨淋鈴夜卻帰秦 猶是張徽一曲新 長説上皇垂涙教 月明南内更無人   七五八年生まれの張祜(ちょうこ)の「雨淋(うりん)と鈴」。雨淋は長雨。   ■読みと解釈 雨淋鈴夜卻…続きを読む

雑なる詩

2019.11.15漢詩に見る折々の人生

無定河辺暮笛声 赫連台畔旅人情 函関帰路千余里 一夕秋風白髪生   唐の陳祐(ちんゆう、生没年不明)の「雑なる詩」。特定の題はなく、無題詩に近い。   ■読みと解釈 無…続きを読む

楊柳を折る

2019.11.08漢詩に見る折々の人生

枝枝交影鎖長門 嫩色曾霑雨露恩 鳳輦不来春欲尽 空留鴬語到黄昏   八〇三年頃生まれの段成式(だんせいしき)の「楊柳(ようりゅう)を折る」。楊も柳もやなぎ。楊柳を折って旅行く人に…続きを読む