山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

斉山人の長白山に帰るを送る

2020.05.15漢詩に見る折々の人生

旧事仙人白兎公 掉頭帰去又乗風 柴門流水依然在 一路寒山万木中   唐の韓翃(かんこう、生没年不明)の「斉山人(せいさんじん)の長白山(ちょうはくざん)に帰るを送る」。斉は姓。山…続きを読む

曲江にて春に望む

2020.05.08漢詩に見る折々の人生

杏艶桃嬌奪晩霞 楽遊無廟有年華 漢朝冠蓋皆陵墓 十里宜春下苑花   唐の唐彦謙(とうげんけん)(生没年不明)の「曲江(きょくこう)にて春に望む」。曲江は首都長安の東南にある池。漢…続きを読む

2020.04.24漢詩に見る折々の人生

明月断魂清靄靄 平蕪帰思緑迢迢 人生莫遣頭如雪 縦得春風亦不消   唐の高蟾(こうせん、生没年不明)の「春」。   ■読みと解釈 明月断魂清靄靄 明るき月は魂を断ちて清…続きを読む

綺岫宮に立ち寄る

2020.04.17漢詩に見る折々の人生

玉楼傾側粉牆空 重畳青山遶故宮 武帝去来羅袖尽 野花黄蝶領春風   唐の王建(おうけん、生没年不明)の「綺岫宮(きしゅうきゅう)に立ち寄る」。綺岫宮は首都長安にあった離宮。創建は…続きを読む

張千牛に贈る

2020.04.10漢詩に見る折々の人生

蓬莱闕下是天家 上路新回白鼻騧 急管昼催平楽酒 春衣夜宿杜陵花   唐の韓翃(かんこう、生没年不明)の「張千牛(ちょうせんぎゅう)に贈る」。張は姓。千牛は宮中宿直護衛官。 &nb…続きを読む

湖の中

2020.04.03漢詩に見る折々の人生

青草湖辺日色低 黄茅瘴裏鷓鴣鳴 丈夫飄蕩今如此 一曲長歌楚水西   七二七年生まれの顧況(こきょう)の「湖の中」。   ■読みと解釈 青草湖辺日色低 青草湖(せいそうこ…続きを読む

同前に和し奉る

2020.03.27漢詩に見る折々の人生

一月主人笑幾囘 相逢相値且銜杯 眼看春色如流水 今日残花昨日開   唐の崔恵童(さいけいどう、生没年不明)の「同前に和し奉る」。前と同じ題の詩に唱和し奉る。前と同じ題の詩とは崔敏…続きを読む

山房の春の事

2020.03.20漢詩に見る折々の人生

梁園日暮乱舞鴉 極目蕭条三両家 庭樹不知人去尽 春来還発旧時花   七一五年生まれの岑参(しんじん)の「山房(さんぼう)の春の事」。山房は山中の家。   ■読みと解釈 …続きを読む

昭応に宿す

2020.03.13漢詩に見る折々の人生

武帝祈霊太乙壇 新豊樹色繞千官 那知今夜長生殿 独閉空山月影寒   七二七年生まれの顧況(こきょう)の「昭応(しょうおう)に宿す」。昭応は県名。位置は陜西省臨潼(りんとう)県。 …続きを読む

柳郎中の春の日に揚州に帰らんとするに南国にて別れらるるの作に酬ゆ

2020.03.06漢詩に見る折々の人生

広陵三月花正開 花裏逢君酔一廻 南北相過殊不遠 暮潮帰去早潮来   七三七年頃生まれの韋応物(いおうぶつ)の「柳郎中(りゅうろうちゅう)の春の日に揚州(ようしゅう)に帰らんとする…続きを読む