山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

張千牛に贈る

2020.04.10漢詩に見る折々の人生

蓬莱闕下是天家 上路新回白鼻騧 急管昼催平楽酒 春衣夜宿杜陵花   唐の韓翃(かんこう、生没年不明)の「張千牛(ちょうせんぎゅう)に贈る」。張は姓。千牛は宮中宿直護衛官。 &nb…続きを読む

湖の中

2020.04.03漢詩に見る折々の人生

青草湖辺日色低 黄茅瘴裏鷓鴣鳴 丈夫飄蕩今如此 一曲長歌楚水西   七二七年生まれの顧況(こきょう)の「湖の中」。   ■読みと解釈 青草湖辺日色低 青草湖(せいそうこ…続きを読む

同前に和し奉る

2020.03.27漢詩に見る折々の人生

一月主人笑幾囘 相逢相値且銜杯 眼看春色如流水 今日残花昨日開   唐の崔恵童(さいけいどう、生没年不明)の「同前に和し奉る」。前と同じ題の詩に唱和し奉る。前と同じ題の詩とは崔敏…続きを読む

山房の春の事

2020.03.20漢詩に見る折々の人生

梁園日暮乱舞鴉 極目蕭条三両家 庭樹不知人去尽 春来還発旧時花   七一五年生まれの岑参(しんじん)の「山房(さんぼう)の春の事」。山房は山中の家。   ■読みと解釈 …続きを読む

昭応に宿す

2020.03.13漢詩に見る折々の人生

武帝祈霊太乙壇 新豊樹色繞千官 那知今夜長生殿 独閉空山月影寒   七二七年生まれの顧況(こきょう)の「昭応(しょうおう)に宿す」。昭応は県名。位置は陜西省臨潼(りんとう)県。 …続きを読む

柳郎中の春の日に揚州に帰らんとするに南国にて別れらるるの作に酬ゆ

2020.03.06漢詩に見る折々の人生

広陵三月花正開 花裏逢君酔一廻 南北相過殊不遠 暮潮帰去早潮来   七三七年頃生まれの韋応物(いおうぶつ)の「柳郎中(りゅうろうちゅう)の春の日に揚州(ようしゅう)に帰らんとする…続きを読む

廬起居を送る

2020.02.28漢詩に見る折々の人生

相如擁伝有光輝 何事闌干涙湿衣 旧府東山余妓在 重将歌舞送君帰   七五八年生まれの武元衡(ぶげんこう)の「廬起居(ろききょ)を送る」。廬は姓。起居は天子の言行を記録する役人。 …続きを読む

李判官の潤州の行営に之くを送る

2020.02.21漢詩に見る折々の人生

万里辞家事鼓鼙 金陵駅路楚雲西 江春不肯留行客 艸色青青送馬蹄   七〇九年頃生まれの劉長卿(りゅうちょうけい)の「李判官(りはんがん)の潤州(じゅんしゅう)の行営(こうえい)に…続きを読む

梁の苑

2020.02.14漢詩に見る折々の人生

梁園秋竹古時烟 城外風悲欲暮天 万乗旌旗何処在 平台賓客有誰憐   六九八年生まれの王昌齢(おうしょうれい)の「梁(りょう)の苑」。梁は河南省の地。苑は庭園。   ■読…続きを読む

朝より退き終南山を望む

2020.02.07漢詩に見る折々の人生

紫宸朝罷綴鵷鸞 丹鳳楼前駐馬看 唯有終南山色在 晴明依旧満長安   唐の李拯(りじょう、生没年不明)の「朝(ちょう)より退き終南山(しゅうなんざん)を望む」。朝は朝廷。終南山は首…続きを読む