山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第486回「飲み物のいただき方」

2020.01.24

Q 仕事の時、応接間に通されてコーヒーやお茶が出てくることがよくあるのですが、飲み方のマナーはありますか。飲むこと自体がマナー違反だったりしますか。

 

 

A お飲みになることがマナー違反になることはありません。せっかく用意してくださった飲み物に全く口をつけないよりは、「ありがとうございます」「いただきます」など、感謝の言葉を添えていただく心の余裕が持てると良いですね。お飲みになる際に気をつけていただきたいことがあります。写真のように姿勢は正したまま、目線を下にして飲むようにします。お話をする時には、お相手の顔を見て(目を見て)話すのがマナーですが、飲み物をいただく時には、お相手の顔を見る(目を合わせる)ことは、はしたない行為と言われています。特に異性に対しては気をつけるべき内容でもあります。お相手の目の前でお茶をいただくのは、慣れないうちは緊張するものです。日常から姿勢を正してお茶を飲む習慣を身につけておくと、落ち着いた行動を評価されることでしょう。なお、今回の写真の場面はテーブルが低いお席でしたので、ソーサーも手に持っています。これについては次回に。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)