山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第474回「美しい姿勢作りと声」

2019.10.25

「見た目=態度=振る舞い」により印象を大きく左右するというお話は、今までもお伝えしてまいりました通りです。電話での応対の時も、お相手に見えていなくてもきちんとした態度で臨みましょう。このようなお話は皆さまも耳になさってきたことと思います。

 

最近、ご挨拶についての詳しいレッスンが続きました。声を専門職としている人でなくとも、やはり声の作り方は大切と改めて痛感いたしましたので、皆さまにもご紹介いたします。

 

日常生活においても、美しい姿勢(態度)により、大変透き通った美しい声を手に入れることができます。せっかく発声練習を一生懸命積み重ねても、美しい姿勢作りを怠っては、美しい声は作れません。私達は日常生活において、人の声質により、「機嫌が悪そうだな」「怒っているな」など瞬時に判断し、不機嫌な人とは心の距離をとった経験は誰しもあることでしょう。

 

美しい姿勢作りは、見た目のみでなく、声にも影響します。姿勢と声の連動をお考えいただいたところで、来週号は美しい姿勢の作り方について詳しくお伝えいたします。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)