山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.744】フランネルフラワー「フェアリームーン」

2020.04.03

フランネルフラワー「フェアリームーン」

科名/セリ科

 

《特徴》

オーストラリアの自生植物です。シルバーグリーンの葉がふわふわとした手触りで、毛織物のフランネルに似ていることから、フランネルフラワーと呼ばれています。一般的に流通している品種は白花ですが、「フェアリームーン」は、月に似たクリーム色の花を咲かせる新品種です。四季咲きで環境が整えば1年中花を咲かせますが、春から初夏にかけてが一番の見頃になります。

 

《管理方法》

日光が大好きなので日当たりの良い場所で育てましょう。暑さには少し弱いので、梅雨明けから秋までは半日陰で管理して、冬場は凍らないように室内に取り込んでください。庭植えの場合は雨の当たらない軒下で、冬場は防寒対策をしましょう。フランネルフラワーは過湿に弱いので、定期的な水やりではなく、鉢土の表面が乾いてからたっぷりと水やりをするようにしましょう。大きく育てるには多くの肥料が必要になりますが、高濃度の肥料を施すと肥料焼けを起こしてしまいます。花が咲き終わりに近づくと花が閉じます。咲き終わった花がらはこまめに摘み取りましょう。フランネルフラワーは根が弱いので、植え付け時は根が崩れないように優しく扱いましょう。