山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.743】「コロロ」

2020.03.27

「コロロ」

科名/キク科

 

《特徴》

サントリーが開発した造花のような花姿とドライフラワーのような感触が美しい「コロロ」。咲き進むにつれて、花の大きさや花色、形も変わっていくのが楽しめる新感覚の植物です。摘み取った後でも半年程度はそのままの花色を楽しめます。また、人気のハーバリウムの材料としてもよく使われます。

 

《管理方法》

できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。日陰でも育ちますが、日光がよく当たったほうが花つきは良くなります。耐寒温度は0℃までと、寒さに強い植物ですが、霜や雪に当たると傷んでしまうことがあるので、冬場は軒下や明るい室内で管理してあげましょう。夏の暑さには弱いので、1年草として育てるか、できるだけ涼しい日陰で夏越しさせましょう。毎日の水やりではなく、乾燥気味に管理し、土が完全に乾いたらたっぷりと水を与えてください。花がらはこまめに摘み取るようにしましょう。花がらを放置しておくと水を吸って腐ってしまい、病気の原因になります。肥料が切れると花つきが悪くなり、止まってしまいます。開花時期には緩効性肥料か、2週間に1度くらいの目安で液体肥料を与えると良いでしょう。