山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.737】アルメリア

2020.02.14

アルメリア

科名/イソマツ科

 

《特徴》

長い茎の先端に、球状のかわいい花がかんざしのように咲く多年草です。細長い葉がこんもりと密集し、その中から多数の花茎を伸ばして花を咲かせます。アルメリアはケルト語で「海の近く」という意味で、海岸近くの乾燥した場所に自生することから名付けられています。暑さ・寒さにも強く、やせた土壌にも強く、塩害のある土地でも育ちます。花茎が長いので、切り花やドライフラワーにも利用されます。

 

《管理方法》

日当たりと風通しが良い場所で育てましょう。日当たりが悪いとうまく育ちません。強い日差しや寒さにも強いですが、蒸れには弱いので、高温期には注意しましょう。春には緩効性の置き肥、秋には液体肥料を与えましょう。夏場は肥料を与えないようにして下さい。根が直根性なので、植えつけるときに根をいじらないように注意して下さい。鉢植えの場合は過湿にならないように、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。花がらをこまめに摘み取ると、次の花が咲きやすくなります。大株になると蒸れやすくなるので、鉢植えの場合は毎年の植え替えがおすすめです。植え替えるときに株を縦に裂くようにして株分けして殖やすこともできます。それぞれに太い根が残るように分けると良いでしょう。