山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.731】レプティネラ「プラッツブラック」

2019.12.26

レプティネラ「プラッツブラック」

科名・キク科

 

《特徴》

まるでシダのような細かい葉が密生して育つ「プラッツブラック」はエキゾチックな雰囲気で、褐色の葉が魅力的なカラーリーフです。地面を這うように生長するため草丈は2cm~5cmほど。ニュージーランド原産で耐寒性はありますが、夏の暑さは少し苦手です。葉色は、気温が低くなるにつれて黒く光沢が出てきます。小スペースのグランドカバーや寄せ植えにおすすめです。春には香りの良い黄色の小さい玉のような花が咲きます。

 

《管理方法》

ニュージーランドの高山の森林の中で生育する植物のため、燦燦とした日光を浴びて生育するものではなく、年間を通して木漏れ日が差すような場所を好みます。夏の半日陰でも、半日日差しが当たる場所は避けた方が良いでしょう。耐寒温度は約マイナス8度と寒さには強いですが、夏の直射日光や蒸れに比較的弱いため、風通しの良い場所で管理し、水の与えすぎに注意しましょう。夏は土の表面が乾いたら、土が濡れる程度に水を与えるようにし、冬は土がしっかり乾くまで水やりを控えると良いでしょう。肥料は4月下旬~6月下旬と、9月下旬~11月上旬の間に月2回ほど液体肥料を与えましょう。また、春と秋に1回ずつ置き肥を与えるとより効果的です。