山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.726】宿根パンダスミレ

2019.11.22

宿根パンダスミレ

科名/スミレ科

 

《特徴》

「宿根パンダスミレ」は地面を這うようにどんどん枝が伸び、グランドカバーとして使えるスミレの仲間です。宿根草で性質は強健、放っておいても毎年咲きます。紫の模様と白っぽい下地がパンダの模様のように見えることからこの名で呼ばれています。夏に花を咲かせるトレニアも別名で「パンダスミレ」とは呼ばれていますが別の種類の植物で、こちらは春に花を咲かせます。また条件が合えばいつでも花を咲かせることができるので、パンジーやビオラのように秋から花を咲かせ始めることもあります。見た目はパンジーやビオラほど主張が強くなく、山野草のような趣があります。

 

《管理方法》

性質は強健で丈夫ですが、あくまでスミレの仲間なので真夏の暑さには注意が必要です。半日陰でも育つ植物なので軒下で育ててやれば、多少葉は傷みますが夏越しできます。冬場も半日陰で育てられますが、日光に当ててあげた方が生育は良くなります。また、積雪や霜などに当たって地上部がなくなることはありますが、宿根草なので根が無事なら大抵は春にまた芽を伸ばし始めます。よほど寒い場所でなければ大丈夫です。土が乾いたらしっかりと水を与えましょう。真冬と真夏は水を控えたほうが良いです。