MENU

蛭間拓哉の読み方に東大専と成績!評価査定と出身地は群馬県桐生市【ドラフト会議2022】

2022年度のプロ野球ドラフト会議が10月20日の木曜日に開催されます!いくつかの球団はもうすでにドラフトで1位に指名する選手の発表も行っています!

埼玉西武ライオンズもその中の1球団で、早稲田大学の外野手である蛭間拓哉選手を指名するようです!

そこで今回は、ドラフト会議2022で注目が集まっている蛭間拓哉選手の名前の読み方に東大専とは何のことなのか、成績や評価査定と出身地は群馬県桐生市をリサーチしてみようと思います。

目次

蛭間拓哉の読み方

蛭間拓哉選手の名前が読めないという方もいるかもしれません!

蛭間の読み方にはひるま、こうまと複数の読み方がありますが、彼の名前の読み方は蛭間拓哉(ひるま たくや)と読みます!

この蛭間姓は珍しい苗字のようで日本全国でおよそ3100人ほどしかいない苗字のようです!

蛭間姓の分布としては関東圏がほとんどで、蛭間拓哉選手の出身群馬県もおよそ470人と多いみたいです!

蛭間拓哉の東大専とは?

蛭間拓哉選手の検索ワードの中に東大専という文字がありますが、この東大専とは何を意味しているのでしょうか?

調べてみたところ、東大専というのは野球の場合、東京大学を相手に成績を稼いでる野手のことを指すネットスラングでした!

東京大学は六大学野球連盟に所属していますが、野球推薦が無いことや勉強時間が多いために練習の時間が短いことから弱小大学となっています!

蛭間選手の場合やはり東京大学を相手にした時の打率が群を抜いていて、その他の大学を相手にした時は打率が低いために東大専というワードが入っているみたいですね!プロでその評価を覆す活躍が見たいですね!

蛭間拓哉の成績

蛭間拓哉選手の成績をご紹介します!浦和学院出身の蛭間選手は高校通算28本塁打を記録しています!

甲子園にも出場経験があり、3年生の夏に8強という記録を持っています!

その後進学した早稲田大学では1年生の春からリーグ戦に出場し、大学通算56試合に出場しています!

大学時代の本塁打は、12本塁打を記録していてこれは現役で最多の数となります!そのため大学ナンバー1のスラッガーとして知られています!

蛭間拓哉の評価・査定

埼玉西武ライオンズよりドラフト1位指名を受けるとされている蛭間拓哉選手。彼の評価や査定はどんな感じなのか見ていきましょう!

西武が彼にしている評価は、走攻守がそろっている選手というもので高く評価されています!1位での指名ですから当然いい評価ですね!

強打者として活躍が期待されますが、肩も強いことから守備の面でも期待されているようです!

ネット上では先にあげたように東大専という不安材料も指摘する声がありましたが、それを払拭する活躍を見せてほしいですね!

蛭間拓哉の出身地は群馬県桐生市

蛭間拓哉選手の出身地をリサーチしてみたところ、群馬県桐生市の出身であることが分かりました!

ここで蛭間選手がいつまで地元にいたのかを見ていきたいと思います!蛭間選手が野球を始めたのはお父さんの影響とされていて、桐生市立相生小学校3年生の時から相生小野球クラブで軟式の野球を始めています!

その後は桐生市立相生中学校に進学し、前橋桜ボーイズという硬式野球のクラブチームに所属しています!

中学までが蛭間選手が地元にいた時代で、県内外の多くのスカウトを受けたため高校からは地元を離れ、埼玉県の野球名門校である浦和学院に進学したようです!彼の場合は野球選手に多い越境入学というパターンですね!

まとめ

今回は、2022年度のドラフト会議で注目されている蛭間拓哉選手に関するトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?蛭間選手について分かったことをまとめてみると、

蛭間拓哉(ひるま たくや)と読む
・東大専というのは野球で弱い東京大学を相手に成績を伸ばしていることをいう
・大学で通算58試合に出場し打率.266、12本塁打をマークしている
埼玉西武ライオンズがドラフトで1位に指名するくらい評価が高い
・群馬県桐生市の出身

以上になります!ここまでお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次