MENU

サッカーワールドカップ2022でオフサイド新ルールは体の一部・体のどこ?ポジションの場所【カタールW杯】

今回はサッカーのルールの中でもサッカー素人の方には少し難しいという方も多いであろうオフサイドについてオフサイドになる基準が変更されたので解説していきます。

この基準の変更で今後のサッカーの試合でオフサイドの回数が少なくとも少し減ることになることが予想されている基準の変更ですので要チェックポイントです!!

目次

これまでのオフサイドのルール

まずオフサイドというのは簡単に説明すると待ち伏せ禁止のための防止ルールですもう少し詳しく説明するとパスが出された瞬間に相手(守備)の陣地にて相手チームの選手で後方から2番目の選手より相手のゴールに近い位置でボールを受けてはいけないというルールです。

なお、オフサイドは上記の条件に該当した場合でも自陣であれば適応されることはありません。このオフサイドによりDFとFWの駆け引きがあったり、DF陣がオフサイドラインを一定に設定するためにポジションを揃えなければならなかったりする等様々な戦術やチームとしてのオーガナイズが存在しています。

数年前から導入されたVARという試合を大きく左右する判定の場合に主審がビデオにてプレーを再度チェックして判断するシステムがあるのですがその多くがこのオフサイドか否かを判断するために使用されています。それだけオフサイドはサッカーにおいて試合を左右したりジャッジの争点になるルールなのです。

オフサイドは新ルールになった?

タイトルのオフサイドは新ルールになった?この質問の答えを先に述べると基本的には変わっていないが基準が変わったというのが適切な答えです。

これまでのオフサイドは身体の一部のどこかでもディフェンスラインから出ていた場合にはオフサイドと判定されていました。新ルールは身体の一部がディフェンスラインより後ろにあればオフサイドにならないというルールに2022年7月から変更されました。

これは0.1秒コンマの事象の変化で状況が変わるスポーツのサッカーにおいては攻撃側の選手にとって圧倒的に有利になるルール変更でありディフェンスの選手たちにとっては頭が痛いルール変更となります。

今のサッカーはVARというシステムがあるので正確にジャッジをすることができますがこの変更については賛否が分かれていて議論の余地があるかもしれませんね。

カタールW杯でオフサイド新ルールは適用?

FIFAがオフサイドの新ルールを既に適用する結果となりましたのでもちろんカタールワールドカップではこの新ルールが適応されます。既に世界中の各国リーグや大会で適応されています。

これまで肉眼では判断が難しい状況でのオフサイドか否かのジャッジはVARを使用してジャッジしていましたがVARの課題でもある主審がビデオで確認をしてジャッジをするまでに試合の流れが止まってしまうという課題がありましたがオフサイドに関してはこのルール変更によって少なくなった印象です。

また、VARによるオフサイドによるゴール取り消しも減った印象です。ワールドカップでは普段の試合と比べて注目度が格違いなので選手はもちろんですが審判団にもプレッシャーがかかります。今回の新ルールが審判団にW杯でどのような影響を及ぼすのか注目しましょう。

身体のどこがどう出たらオフサイド?

これまで新ルールで身体の一部がディフェンスラインより後方に残っていればオフサイドではなくなったと説明しましたがもう少し深堀りしていきましょう。

例えば身体のかかとが数センチディフェンスライン上に残っていてそれ以外の身体の部分はディフェンスラインより相手ゴール前方にあったとしましょう。この場合は新ルールではオフサイドではないというジャッジが下されその後のプレーがゴールにつながった場合はゴールが認めらます。

逆にオフサイドが認められるパターンとしては攻撃するゴールを進行方向として身体の最後方の部分が0.01mmディフェンスラインより相手ゴール前方にあった場合はオフサイドとなります。

なんだか頭が痛くなりなりますね。。実際に判断する審判団が気の毒でしょうがないです。ただ選手たちもプロ選手として生活が懸かっているのでたとえ0.01mmでも審判団は責任をもってジャッジしなければなりませんね。

まとめ

今回はオフサイドに新ルールについて旧ルールと比べながら解説していきました。今回の変更はVARという審判のレフリングにとって画期的なシステムが近年出てきたためより精密的にジャッジが可能となりこれが関係してオフサイドのルールも変更されたというのが背景にあるかと思います。

正確なレフリングができるというメリットがある一方サッカー史に残る伝説の名(迷?)プレーのマラドーナの神の手のような伝説のプレーはもう一生見れないかもしれませんね。

本記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次