MENU

次のイギリス国王はチャールズ皇太子?エリザベス女王2世が死去崩御で王位継承権は?

大きな訃報のニュースが入っています。ながらくイギリスの王室の顔としてしられ、イギリス国民だけでなく世界中に愛されていたエリザベス女王2世が現地時間9月8日に崩御されました。

これに伴いツイッターが障害を起こすなど世界的に話題になっているトピックとなります。

そこで今回は、エリザベス女王2世が死去、崩御されたことで気になる王位継承権についてと次のイギリス国王はチャールズ皇太子になるのかや、イギリス国王が変わるとどうなるのかについてリサーチしてみようと思います。

目次

エリザベス女王2世が崩御

エリザベス女王2世は、2022年2月に在位70年となったためプラチナ・ジュビリーを迎えた君主として大きなニュースになっていましたね!

イギリス王室人気が低迷したこともありましたが、エリザベス女王2世のおかげでもっていた側面もありました。直近では静養先のバルモラル城でイギリスの首相交代に伴いボリス・ジョンソン、リズ・トラス氏と謁見を行いお元気な姿を拝見したばかりでしたね!

そんな中体調が急速に悪化してしまったようで、チャールズ皇太子をはじめカミラ夫人、ウィリアム王子にくわえ王室を離脱したお騒がせのヘンリー、メーガン夫妻もかけつけたそうです。

そしてエリザベス女王2世は、9月8日(現地時間)に96歳という年齢で崩御されました。今後のイギリス王室がどうなるのか気になりますね!

現在の王位継承権は?

エリザベス女王2世が崩御されたことにより、女王の長男で王位継承順位1位だったチャールズ皇太子が新国王に即位されています。

それに伴い王位継承順位もこれまでから一つずつ繰り上がっており、現在の王位継承順位1位となっているのは、チャールズ新国王の長男であるウィリアム王子になります。

2位から4位までは、ウィリアム王子の子供たちであるジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子になります。5位は王室離脱でおさわがせなヘンリー氏になります。6位と7位には彼の子供たちであるアーチーとリリベットになります。

8位にはエリザベス女王2世の第2王子でトラブルが世間に暴露されているアンドルー王子、9位は彼の娘であるベアトリス王女という順番になっています。

人気の高かったエリザベス女王2世ですから、今後のイギリス王室の行方に注目が集まりそうです!

次のイギリス国王はチャールズ皇太子?

先にも既述したように次のイギリス国王として、チャールズ3世が即位されました。エリザベス女王2世がながらくご活躍だったこともあり、イギリス史上最も高齢での戴冠となっています。

イギリス国王チャールズ3世ですが、王室メンバーの中ではそこまで人気が高いわけではありません。やはり最初の妻であったダイアナ妃との離婚やその原因となったカミラ夫人との再婚が尾を引いている印象です。

エリザベス女王が今年に入り、カミラ夫人が王妃として認められることを望むという声明を発表したおかげもあり、多少は人気面で上昇したようですが、故ダイアナ妃の人気もまだまだ健在のようです。

後に控えているウィリアム王子一家の人気が高いだけに、戴冠後間もなく王位を退く可能性もうわさされているチャールズ新国王ですが、どうなるのでしょうか?またお騒がせセレブとなってしまったヘンリー一家との関係性も変わってくるのか気になりますね!

イギリス国王が変わるとどうなる?

イギリスのエリザベス女王が逝去されたことにより、イギリス国内で変わってくることがあるようです。

現在のイギリスの紙幣や硬貨に使われているのは、エリザベス女王の横顔ですがこれが変わるようで、新しく即位されたチャールズ新国王のデザインに変更されるようです。

これだけではなく国歌の名称も変わり、「ゴッド・セイブ・ザ・クイーン」が国歌のタイトルでしたが、これが「ゴッド・セイブ・ザ・キング」へと変更されます。イギリスでは、女王が在位している時はクイーンになっているのだそうです。

また他国への影響もありそうで、カナダではこれまで20ドル紙幣がエリザベス女王の肖像を使用していましたが、おそらくこちらもチャールズ新国王のものに変更されるのではないかと思われます。ここからイギリス連邦王国に属している国には影響がありそうですね!

まとめ

今回は、エリザベス女王2世が崩御されたこと、王位継承権や国王が変わることで変更になる点などを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

ながらくご活躍されていただけに、今回のエリザベス女王の訃報に驚かれた方も多いのではないでしょうか!ご高齢ではありましたがいつも元気なお姿で、イギリス国民だけでなく世界の人々にも影響を与えていただけに残念でなりませんね。

今後彼女がいなくなったことで、王室メンバーの関係性に何か変化は出てくるのでしょうか?兄弟仲が復活するのかそれとももっと悪化するのか今後もイギリス王室から目が離せません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次