MENU

エリザベス女王2世の国葬葬儀はいつの日にちで費用と日本人参加者は誰?

イギリスの君主として歴代最長の70年にわたって在位してきたエリザベス女王が9月8日、96歳で死去されました。エリザベス女王の死去を受け、世界各国からは女王の功績をたたえ、追悼する声が相次いでいます。

今回は、多大なる功績を残したエリザベス女王2世の国葬葬儀の日にちや費用と日本人参加者は誰なのかリサーチしました。

目次

エリザベス女王が崩御

2022年9月8日、イギリスのエリザベス女王が滞在先のスコットランド・バルモラル城で死去しました。96歳でした。死因は明らかにされていませんが、イギリス王室は安らかに息を引き取ったと発表しました。

エリザベス女王は96歳で歴代最長在位70年にわたり英国君主として、国民に開かれた王室を目指して世界から敬愛を集めました。

エリザベス女王が崩御したことによって、王位継承権1位の長男・チャールズ皇太子チャールズ3世として新国王に即位しました。

エリザベス女王の国葬の日にちはいつ?

9月8日に亡くなったエリザベス女王の国葬の具体的な日程は明らかになっておりません。

しかし、イギリスの公共放送【BBC】によりますと、エリザベス女王の棺はスコットランドからロンドンに運ばれ、バッキンガム宮殿からロンドン中心部の国会議事堂の建物で最も歴史が古いとされるウェストミンスター・ホールに移された後、4日間ほど安置され、一般の人が弔意を表することができるようになるということです。

そして国葬は歴代国王の葬儀が執り行われてきた、ウェストミンスター・ホールの西側にあるウェストミンスター寺院2週間以内に行われる見通しのようです。

エリザベス女王の国葬の費用は?

2022年9月8日に亡くなった、エリザベス女王。2週間以内に国葬が執り行われる見通しですが、国葬の費用は果していくらぐらいになるんでしょうか。

イギリスで直近に行われた国葬は、2013年のサッチャー元首相の国葬ですが、その際は警備費用も含め日本円でおよそ15億円の費用が掛かっております。

したがって、エリザベス女王の国葬はサッチャー元首相と同程度の費用、もしくはそれ以上の規模になると予想されます。

エリザベス女王の国葬で日本人参加者は誰?

今回、エリザベス女王の国葬にはイギリス王室のメンバーや政治家だけでなく、世界各国の首脳などが参列するとみられています。

そして、日本との交流関係も深かったエリザベス女王。日本政府の松野博一官房長官は9月9日の記者会見で、エリザベス女王の崩御に伴い、日本の関係政府機関において、半旗を掲げて弔意を表していると述べました。

また、エリザベス女王の国葬への日本政府からの参列者に関しては正式な発表はしておらず、イギリス政府の発表も踏まえて検討していくようです。

まとめ

今回は、9月8日に96歳で死去された、エリザベス女王の国葬についてなどご紹介してきました。

イギリスの歴代君主として最長の70年在位し、イギリス国民はもちろん、世界中から愛されていたエリザベス女王。国葬には日本円でおよそ15億円以上の費用が掛かると予想されますが、世界各国の首脳らが参列されることでしょう。

そして、日本政府もエリザベス女王の国葬に関してイギリス政府の発表を見ながら参列を検討しております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次