MENU

内瀬戸真実の父親姉にドライブサーブ!出身地に延岡学園高校で鹿屋体育大学【世界バレー2022】

世界バレー2022が9月23日(金)~10月15日(土)の日程で、オランダとポーランドで開催されます。

直近で行われたパリ五輪プレ大会で全勝で優勝を飾るなど女子バレーも盛り上がっていますね!

そこで今回は、世界バレー2022で活躍が期待される内瀬戸真実選手の父親と姉に、ドライブサーブが凄いことや出身地に延岡学園高校と鹿屋体育大学についてリサーチしてみようと思います。

目次

内瀬戸真実の父親や姉

内瀬戸真実選手にはお姉さんがいるそうです。そもそも内瀬戸選手がバレーボールを始めるきっかけとなったのが、このお姉さんの影響があったと言われており小学校1年生という早い時期に始めたみたいです!

きっかけがお姉さんとなっているので内瀬戸選手の姉もバレーボールをやっていたと推察できますね!

内瀬戸選手の父親に関しては、情報が得られませんでした

内瀬戸真実のドライブサーブが凄い

170㎝とバレーボール選手としては小柄な部類に入ってしまう内瀬戸真実選手。日本代表選手として選ばれるくらい才能にあふれた内瀬戸選手ですが、得意技を持っているんです!

子供のころからバレーボールをしている彼女は、ドライブサーブに磨きをかけてきました!彼女の検索ワードに入るくらい内瀬戸選手のドライブサーブというのは、有名な持技になっています!

内瀬戸真実は延岡学園高校で鹿屋体育大学

内瀬戸真実選手が進学した高校は延岡市にある学校を内瀬戸選手は選んでいます!

彼女の出身高校である延岡学園高等学校は、延岡市の大峡町にある運動部が強くて有名な高校です。内瀬戸選手はそこで1年次からレギュラーとして活躍していました!

高校を卒業した後は地元を離れ、鹿児島県にある鹿屋体育大学へと進学しています。この大学は4年生の国立大学で唯一の体育大学となっている大学になります。

バレー推薦で入学した内瀬戸選手は、そこでも活躍し彼女が4年生には全日本大学選手権で3年ぶり2回目の優勝に貢献しています。その結果スパイク、ブロック、レシーブの3部門で優秀選手賞に内瀬戸選手は輝いています!

内瀬戸真実の出身地に実家

内瀬戸真実選手の出身は宮崎県延岡市となっていて、小学校は延岡市立東海小学校、中学校は延岡市立東海中学校に通われていました。

ですから高校の情報と併せて考えてみると、内瀬戸選手は高校卒業までは、実家から通っていたものと思われますね!

他に彼女のご実家に関する情報はないものか探してみましたが、こちらは残念ながら見つけることが出来ませんでした!

まとめ

今回は、女子バレーボールの内瀬戸真実選手にまつわるトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?彼女について分かったことをまとめてみると、

・内瀬戸選手がバレーボールを始めたきっかけは姉、父親の情報は不明
・内瀬戸選手の得意技は、ドライブサーブ
・出身校は延岡学園高校と鹿屋体育大学でレギュラーとして活躍
・出身は宮崎県延岡市

となります。調子のいい日本女子バレーですが、引き続き世界バレー2022でも活躍してほしいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次