MENU

時速194キロ死亡事故の元少年の今現在と両親家族!自宅住所にどのくらいの速度?

大分県で2021年に起きた時速194kmという本来あってはならない速度の死亡事故。危険運転致死罪の容疑で元少年を書類送検するものの、大分地検の最終的に下した判断はより罪の軽い過失運転致死罪での起訴でした。

亡くなった男性の遺族はこの判断に納得がいっておらず大分市で署名活動を行っています!

そこで今回は、時速194キロで起きた死亡事故の元少年の今現在と両親家族や、自宅住所に時速194kmはどのくらいの速度なのかをリサーチしてみようと思います。

目次

時速194km死亡事故の元少年の今現在

時速194kmという異常ともいえる速度を一般道で走行し、死者まで出してしまった事故というか事件ですが、この少年に関しては、今も名前などの情報は出ていません

この事件が起きたのは、2021年2月9日深夜のこと。この事件を起こした人物について分かっていることは、当時19歳の元少年であるということになります。

2022年現在の情報としては事件が起きたのは大分市内でしたが、現在も大分に住んでいおり、年齢は21歳になっているようです!

時速194km死亡事故の犯人の両親家族

この死亡事故を起こしてしまった少年の両親や家族についてですが、この元少年についての情報がないため、当然ですがどこの誰なのかは分かりませんでした!

この事故ですが、元少年が運転していた車については判明しています!車種はBMWと言われており、ネット上ではBMW 2シリーズ クーペではないかという声もあったようです!

この車の価格ですが、新車だと500万から750万円くらいが相場となっていました。当時19歳という年齢でしたから、自分で購入したというよりは親が買い与えたか親の車だった可能性もありますね!

これらの推測が当たっていたとすると、元少年の家庭は裕福だと言えると思います。

時速194km死亡事故の犯人の自宅住所

この暴走事件を起こした元少年の住所ですが、こちらも当然ですが分かっていません!先にも述べたようにこの元少年ですが、大分市内に在住しているということくらいしか分かっていません!

事件を起こした時の年齢は19歳ということで特定少年に該当していますが、地検の判断で氏名の公表に踏み切っていないのが現状のようです!

この判断を下している大分地検には、別の点でもご遺族から非難が出ており、遺族が求める危険運転致死罪ではなく量刑がはるかに軽い過失運転致死罪に変更して起訴をしています!

こうした点から、犯人側の親が権力者で地検に対して働きかけを行っているのではないかとネット上では、ささやかれる結果となっています!もっと被害にあわれた家族に寄りそってもらわないと困りますね!

時速194kmはどのくらいの速度?

時速というのは一時間に進む距離を表しています。ですから、時速194kmだと一時間に194km進めるということになりますね!

これを分に直してみると一分でおよそ3233m進みます。一分に換算してみると3キロ以上進んでいるのですごい速さだということが分かります!

さらにこれを秒にしてみると、およそ54mになります!この速度ですから、突発的なことが起これば絶対に止まることが出来ないことが分かります!

危険運転の定義には、その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為というものがあります!

地検は証拠がないことを根拠に危険運転致死罪を見送りましたが、時速194kmは制御できると判断したのでしょうか?遺族が納得いかないのも分かりますね!

まとめ

今回は、大分県であった時速194kmも出して起こした自動車事故にまつわるトピックを見てきましたが、いかがだったでしょうか?今回のトピックについて分かったことをまとめてみると、

・元少年は今21歳になっている
・両親や家族の情報はないが、少年がBMWに乗っていたこともあり裕福とみられている
・自宅住所は大分市内在住
・時速194kmは一秒で約54m進むくらい速い

以上が今回分かったことになります!ここまでありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次