MENU

リュディガーの走り方が舐めプ煽りで批判!足速いスピードに性格や過去にもやってた?【ドイツ代表カタールワールドカップ2022】

今回はドイツ代表としてカタールワールドカップ2022に出場しているリュディガーの走り方が舐めプで煽りなことを批判されていることについてや足速い、スピードについて、性格や過去にもやってたのかについて紹介します。

リュディガー選手は世界的名門クラブのレアル・マドリードで活躍する選手です。今回はそんなリュディガー選手について紹介します。

目次

リュディガーの浅野への走り方が舐めプ

我らが日本代表がワールドカップ優勝経験国であはドイツ代表に劇的な勝利をおさめました!その試合の中でアントニオ・リュディガー選手が浅野拓磨選手に対しておこなった煽りプレーが批判の的になっています。

このプレーに関しては多くの意見が日本やドイツ国内のみならず世界中で批判が集中しています。実際に見ていた方々も日本がビハインドしている中でのあのプレーだったので特にフラストレーションがたまるワンシーンでしたよね。

いわゆるサッカーをはじめとしたスポーツ全般やゲームで近頃言われている『舐めプ』でしたよね。

舐めプとは相手を舐めることをプレーに出し相手を煽ることの意味で舐めプをされている側からすると非常に不愉快な行動です。

煽った走り方として批判

前述した通りカタールワールドカップグループリーグE第1節 日本代表対ドイツ代表において、ドイツ代表リュディガー選手が自陣コーナーフラッグ付近で見せたプレーが批判を浴びています。

そのプレーの詳細は、日本代表FW浅野拓磨選手が持ち味のスピードを生かしスピード勝負で対峙するリュディガー選手を突破しようとしたところをリュディガー選手が身体を寄せて上手く浅野選手を止めたシーンです。

この内容だけだったら良かったのですがリュディガー選手が浅野選手前に身体を入れてボールを外に出し自チームのゴールキックにしようとした場面での走り方が明らかにリュディガー選手の本来の走り方とは違う走り方でした。

この一連のプレーが終わった後にリュディガー選手は笑顔まで見せており見方によっては非常に不愉快なシーンとなってしまいましたよね。

リュディガーの性格

日本戦での舐めプにより批判を浴びているリュディガー選手ですが、他方面では非常に心優しいパーソナリティーを持っていることでも知られています。

実際にそれを証明する話がありますので紹介します。

リュディガー選手は自身のルーツであり母親の母国であるシエラレオネという国の11人の手術が必要な子供たちに向けて手術費用をリュディガー選手が保証することを表明しています。

この費用は自身が出場するカタールワールドカップで得た報酬から全額寄付をする予定です。この話を聞くとリュディガー選手は非常に人想いのパーソナリティが分かりますよね。

リュディガーのスピードや足が速い?

リュディガー選手のスピードは全世界のトップクラスであるサッカー選手と比較をしてみても非常に速いスピードであり、近頃のスピードが重視されるサッカーにおいてリュディガー選手の一つの武器になっています。

リュディガー選手のスピードは自身のポジションであるセンターバックにおいて、相手チームのDFライン裏に出すパスへの対応や守備においての相手選手との1対1でのスピード勝負において高いクオリティを見せています。

また、センターバックというポジションながらリュディガー選手はDFラインからスピードのあるドリブルを開始して相手を抜き去りそのままのスピードからミドルシュートを打って得点を決めてしまうこともリュディガー選手のスピードが活きています。

リュディガーは昔もこの走り方をしてた?

リュディガー選手の舐めプの際に見せたあの走り方は明らかにリュディガー選手が見せる普段の走り方とは違い、あの場面のためだけに見せた走り方でしたよね。

しかし、リュディガー選手のあの舐めプ・走り方はカタールワールドカップの日本戦のみに魅せているものではなく、主に所属チームでのプレーの際に似ているシーンがあるとよく見せるプレーなのです。

普段からあのようなプレーを魅せているリュディガー選手の目的というものは現在有力な情報は世に公表されていませんが、リュディガー選手にとっては普段から行っている『平常運転』でのプレーなんですね。

今回のワールドカップで初めて見たという方が多いためにこのように話題になっていますが、リュディガー選手を普段から見ているとあのプレーは初めてのプレーではないのです。

まとめ

今回はレアル・マドリードで活躍しているアントニオ・リュディガー選手について紹介させていただきました。リュディガー選手は現在批判にさらされているのは間違いないです。

しかし、その批判は結果を出すことで覆せることは間違いありません。リュディガー選手がカタールワールドカップで自身のパフォーマンスで批判を挽回できるか注目してみましょう!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次