MENU

エネル・バレンシアの怪我や経歴プレースタイルに結婚身長!妻娘に警察【エクアドル代表/カタールW杯2022】

今回はカタールワールドカップの開幕戦で見事勝利を飾ったエクアドル代表のエース・キャプテンであるエネル・バレンシア選手の怪我や経歴について、プレースタイルについて、結婚してるのかについてや身長について、妻・娘の情報や警察との関係について紹介します。

開幕戦でのエネル・バレンシア選手見事な活躍でしたね!今回はそんなエネル・バレンシア選手について紹介します。

目次

エネル・バレンシアのカタール戦の怪我

カタールワールドカップ2022のオープニングゲームとなったカタール代表対エクアドル代表の試合でしたが結果は2-0でエクアドル代表が勝利しました。この試合であげた2ゴールは全てエクアドル代表キャプテン兼エースストライカーであるバレンシア選手が決めました。

開幕戦でのバレンシア選手のパフォーマンスはまさに圧巻でしたよね!開催国が相手であることに加えて、緊張する開幕戦兼初戦でチームを勝利に導く活躍はまさにエースストライカーの名に恥じない活躍でした。

そんなバレンシア選手でしたが前半も終わりに近づいていた最中に右膝を痛めてピッチに蹲る場面がありましたよね。結局ピッチ外で治療を行ってから前半はピッチに戻ってきましたが後半は交代しました。

筆者もこの開幕戦を見ていましたが、かなり嫌な痛がり方、倒れ方をしていたので右膝の靭帯を痛めてしまったかな?とも思いました。そんなバレンシア選手の膝の状態に気なりますよね。

今のところは残念ながら膝の怪我について情報はありませんでした。考えてみればそう易々とエースストライカーの怪我の情報を公にするわけにもいきませんしね。

バレンシア選手の怪我が心配ですが、もしバレンシア選手の怪我に問題がなければエクアドル代表は今大会のダークホースになりうる可能性を持っているチームだということは開幕戦を見てお分かりいただけたかと思います!

エネル・バレンシアのプロフィール・経歴・身長

開幕戦で2ゴールを決めたバレンシア選手ですが日本サッカーファンにとっては初めて名前を聞く方も多かったのではないでしょうか?そこで本項ではバレンシア選手のプロフィール・経歴を簡単にご紹介します。

エネル・バレンシア選手プロフィール

名前:エネル・バレンシア
生年月日:1989/11/04(33歳)
国籍:エクアドル
所属チーム:フェネルパフチェ(トルコ)
身長:177cm
ポジション:FW

上記が簡単なバレンシア選手のプロフィールです。他続いて経歴を紹介します。下記の表に歴代所属チームをまとめました。

エネル・バレンシア選手経歴

2009〜2014年12月まで:CS エメレック(エクアドル)
2014年1月から2014年7月まで:パチューカ(メキシコ)
2014年8月から2017年6月まで:ウェストハム(イングランド)
※2016/2017シーズンはエヴァートン(イングランド)にレンタル移籍
2017年7月から2020年8月まで:ティグレスUANL(メキシコ)
2020年9月から現在:フェネルパフチェ(トルコ)

上記の通りの経歴となります。現在所属するトルコのフェネルパフチェはトルコリーグでも名門クラブであり欧州のコンペティションにも度々出場するほどの名門クラブです。バレンシア選手はそのフェネルパフチェでエースストライカーとして活躍しています。

今シーズンはリーグ戦12試合で13ゴール4アシストという驚異的な数字も残しています。

一方エクアドル代表でも長年エースストライカーとして君臨しています。デビューは2012年3月1日のホンジュラス戦です。そこからこれまで75試合に出場し37ゴール12アシストを決めています。

特にワールドカップにはめっぽう強くワールドカップでは昨日のカタール戦を含めてこれまで4試合に出場して5ゴールを決めています。大舞台に強い印象が持てますよね!

エネル・バレンシアのプレースタイル

バレンシア選手のプレースタイルは『得点を取ることに長けているストライカー』というのが正しい表現かと思います。カタールワールドカップの開幕戦対カタール戦を見ていただければ分かるかと思いますがバレンシア選手はいいところにいるんですよね。

これはいわゆるストライカーとしての『嗅覚』というものがそのポジショニングに導いていてバレンシア選手は得点を取るためにどこにいればいいのかどうかということが感覚でわかっている選手なんですね。

ボールを持っても身長はそこまで高くないですが、フィジカルが強くなかなかボールを奪われることもありませんし、テクニックも高いため1対1の局面で相手をいなしてかわすこともできます。

また、バレンシア選手はフリーキッカーとしての一面も持ち合わせていてゴール前で得たフリーキックは直接ゴールを狙える能力も持ち合わせています。持ち前の身体能力に加えてテクニックも持ち合わせ、得点を取るための嗅覚を持ち合わせている。

まさに弱点がないストライカーということがお分かりいただけたかと思います。

エネル・バレンシアの結婚の妻や娘

バレンシア選手は既婚者で現在の妻はシャロン・エスコバルさんという女性がバレンシア選手の奥さんです。お子様は4人のお子様がいます。

なお、そのうち1人は元妻となる女性(名前はベイラ バレンシア)との間にできた子供だそうで、現在その子供はバレンシア選手と共に暮らしているそうです。4人の子供の名前はベイラ、アメリア、アナリア、デビッドという名前だそうです。

バレンシア選手は子供の頃エクアドルの貧困家庭で生まれ育ち食べることに困った少年時代を送ったそうです。そんな環境からサッカーで頑張り、自身の実力で世界のトップクラスまで成り上がり今では大金を稼ぐスター選手になりました。

バレンシア選手は自身がサッカー選手として稼いだお金を惜しみなく家族のために使うそうです。自分の妻、子供の為にはもちろんのこと、エクアドルにいる父親、母親、兄妹、義理の兄妹、その他の親戚に向けてバレンシア選手自身が家を建ててあげたり車を買ってあげたりなどしているそうです。

家族想いのバレンシア選手のこの一面には多くのサッカーファンが尊敬の念を抱き賞賛しています。

エネル・バレンシアの警察とは?

ワールドカップ開幕戦で2ゴールを決めたり、前述した通り家族を常に助けようとしていたりして尊敬に値するバレンシア選手。そんなバレンシア選手ですが過去には警察のお世話になる場面もあり『お騒がせ男』の一面も持ち合わせています。

それは2016年に行われた2018年ロシアワールドカップ出場権をかけた南米予選でのチリ戦での出来事。エクアドルのホームで行われたこの一戦は試合会場が標高3000mで行われていて、選手たちにとっては空気が薄い高地で試合をするのは大変なことでした。

そんな試合が終了しようとしてた10分前にバレンシア選手は『高山病』を訴えてピッチに倒れ込みます。その後バレンシア選手は救急車で運ばれました。

しかし、地元エクアドル人の多くの人は高山病を訴えたバレンシア選手を信じていませんでした。その理由は元妻との娘の養育費を元妻に支払わなかったバレンシア選手に対して逮捕状を持ち合わせてスタジアムで試合終了を待機していた警察を避けるための嘘だということは明白で多くのエクアドル人はこのバレンシア選手の行動を非難しました。

結局試合後に元妻との示談が成立し、この一件はことを成さずに終わったそうですが、南米あるあるというべきなのかはわかりませんが日本では考えられない事象ですよね。

まとめ

今回はエクアドル代表のエースストライカー兼キャプテンであるバレンシア選手について解説してきました。バレンシア選手がこれからの試合でさらにゴールを上げてくれるのかどうか注目してみてください!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次