MENU

ブカヨ・サカの背番号に怪我やかわいい彼女!冨安やプレースタイル【アーセナル/イングランド代表/カタールワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップに出場予定のイングランド代表ブカヨ・サカ選手の背番号に怪我についてやかわいい彼女について、冨安との関係やプレースタイルについて紹介します。

ブカヨサカ選手といえば冨安選手のチームメイトであり右サイドでコンビを組んでいる選手ですよね!今回はそんなブカヨサカ選手について紹介します。

目次

ブカヨ・サカの背番号

ブカヨサカ選手はイングランドプレミアリーグで現在首位を走っているチームのアーセナルに所属している選手です。アーセナルでは主力選手として活躍しチームを牽引している選手です。

そんなブカヨサカ選手はアーセナルでは7番を背負っています。歴代のアーセナルで7番を背負った選手といえばトーマシュ・ロシツキー選手(ロシア)が有名ですよね!

トーマシュ・ロシツキー選手はアーセナルに約10年在籍し『マエストロ』の愛称で親しまれ、優雅なプレーでアーセナルを長く牽引しました。

そんなトーマシュロシツキー選手のような選手がつけてきた伝統的な背番号である7番をブカヨサカ選手は現在のアーセナルで背負っています。その伝統的な背番号に恥じない活躍を見せていることは現在アーセナルでのパフォーマンスを見れば一目瞭然ですよね!!

ブカヨ・サカの怪我

ブカヨサカ選手の怪我といえば直近では2022年10月30日に行われたイングランドプレミアリーグのフォレスト戦で相手DFに受けたタックルが原因で前半27分に負傷交代したことが思い出されます。

この負傷交代をした時期はカタールワールドカップ開幕の約1ヶ月前でした。

イングランド代表でも活躍が期待されているブカヨサカ選手が怪我によるワールドカップ欠場という最悪のシチュエーションが浮かび上がりイングランド国内では多くの心配な声や懸念の声が浮かび上がりました。

そんなサカ選手でしたが次週のイングランドプレミアリーグ・チェルシー戦にはフル出場し1アシスト。チームの勝利に貢献し、ワールドカップに向けて怪我の不安がないことを結果で証明しています。

その後、カタールワールドカップに臨むイングランド代表本大会登録メンバー26人にブカヨサカ選手は見事メンバー入りを果たしました。

ブカヨ・サカがかわいい

ブカヨサカ選手はイングランド国内のサッカーファンのみならず世界中のサッカーファンからよく『かわいい』と表現されることがある選手です。その理由はブカヨサカ選手の顔が赤ちゃんみたいで可愛い顔をしていることに理由があります。

上記のツイートを見て貰えばわかると思いますが、ブカヨサカ選手は可愛らしい顔をしてらっしゃいますよね!特に笑った時の顔がものすごく可愛い印象です!

実際にブカヨサカ選手は日常からよく笑うことが多いキャラクターでアーセナルファン・サポーター・チームメイトから愛されているキャラクターでもあります。こんな可愛い顔をしているブカヨサカ選手ですがフィールドで対峙する相手となると顔に似合わず恐ろしい存在の選手となってしまいます。

相手チームやファン・サポーターからすると可愛い顔をした要注意選手になるのでなんだか変な感じがするでしょうね笑

ブカヨ・サカの彼女

アーセナルで活躍する世界的サッカー選手であるブカヨサカ選手ですが2020年に彼女の存在を母国イングランドのメディアにすっぱ抜かれています。その彼女の名前はTolaml Benson(トラミ・ベンソン)さんという女性です。

Tolami Bensonさんの職業や年齢、生い立ちなどの詳しい情報に関しては世に公表されていなく、ブカヨサカ選手の彼女がTolami Bensonさんであるということだけが現在世に公表されているそうです。

このニュースに関してブカヨサカ選手は事実であることを否定も肯定もしていませんので真実は不明です。また、このブカヨサカ選手とTolami Bensonさんが交際しているという情報は2020年に取り上げられているニュースとなっている為2022年現在彼らが交際を続けているのかも不明です。

ですがブカヨサカ選手は2022年現在結婚はされていませんのでまだ交際を続けている可能性はあるかもしれませんね!

 

ブカヨ・サカと冨安の関係

前述した通りブカヨサカ選手はイングランドプレミアリーグで現在首位を走るアーセナル所属のサッカー選手で同チームには日本代表冨安健洋選手も所属しています。

冨安選手とブカヨサカ選手は右サイドバックと右サイドウィングという盾の関係でコンビを組んでいてこの冨安選手とブカヨサカ選手で形成するアーセナルの右サイドはチームの大きな武器となっていることは間違い無いです。

特に攻撃時においてブカヨサカ選手が利き足である左足でボールを持ちながら冨安選手がオーバーラップ又はインナーラップ(味方選手を後ろ・内側から追い越すこと)で追い越し冨安選手がボールを受けたり、その冨安選手のオーバーラップ又はインナーラップを囮に使いブカヨサカ選手が自らドリブルで切れ込んだりシュートを打ったりクラスを上げるパターンはアーセナルの必勝パターンと言ってもいいほど、チームのストロングポイントです。

ブカヨ・サカのプレースタイル

ブカヨサカ選手は右にサイドから繰り出すドリブルで得点を演出したり自らゴールを奪うことが得意なサッカー選手です。

ブカヨサカ選手はフィジカルも強く体幹がしっかりしている為、相手DFにぶつかられたりしてもブレないフィジカルを持っています。

また、自分がボールを持ってドリブルする際にもブカヨサカ選手の体幹の強さは生かされており自分の体を右に左に振るようなフェイントをしても体幹がブレない為力強いフェイントをすることができます。

そのフェイントの中でも右サイドから利き足の左足でドリブルをしてからのカットイン(内側にドリブルをすること)してからの左足シュートはブカヨサカ選手の鉄板のプレーとなっていて、このプレーで多くの得点を挙げています。

この鉄板のプレーは鉄板と言われている為、相手のDFも勿論ブカヨサカ選手と対峙する時は左足のカットインはケアしてきます。しかしブカヨサカ選手はその相手DFの事前の対応策を飛び越えてこの鉄板のプレーで得点を決めてしまいます。『わかっていても止められない』クオリティーを持ち合わせているのがブカヨサカ選手なのです。

まとめ

今回はアーセナルで日本代表冨安健洋選手のチームメイトブカヨサカ選手について紹介してきました。

ブカヨサカ選手が今回のカタールワールドカップでどんな活躍を見せてくれるのか注目してみてくださいね!本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次