MENU

吉田麻也の年俸推移に小学校中学校高校!3人兄弟で長崎県出身【カタールワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップに出場する森保ジャパンのキャプテン吉田麻也選手の年俸推移に小学校中学校高校、3人兄弟なこと、長崎県出身なことについて紹介します。

吉田選手といえば頼れるキャプテンでもあり守備の要ですよね!今回はそんな吉田選手について紹介していきます。

目次

吉田麻也の年俸推移

本項では吉田麻也選手のこれまでの年俸を推定額ではありますが紹介してきます。まずは下記の表で吉田選手の歴代の年俸を確認してみましょう!

吉田麻也選手年俸推移(推定額)

名古屋グランパス時代(2007〜2009)
・2007 360万円
・2008 800万円
・2009 1600万円

VVVフェンロ時代(2009/2010〜2012/13)
・2009/2010〜2012/2013 約1億円
・2013/2014 不明 

サウサンプトン時代(2013/2014〜2019/2020)
・2013/2014 約1億9600万円
・2014/2015〜2016/2017 約2億2000万円
・2017/2018〜2019/2020 約3億9200万円

サンプドリア時代(2019/2020〜2021/2022)
・2019/2020 約3億9700万円
・2020/2021〜2021/2022 約1億6800万円 

シャルケ時代(2022/2023)
・2022/2023 約2億1000万円

上記の通りとなっています。さすが吉田選手アベレージが億越えのサラリーですね。吉田選手に関しては近年数回ほどオイルマネーにより多くのスター選手をお金で買い取ることで有名な中東クラブからオファーを受けています。

いずれのオファーもオファーを受けた際に受け取っている給料より多額のサラリーでの条件が提示されていたそうです。

ですが吉田選手はサッカー選手として普段戦っているレベルを世界最高峰のコンペティションである欧州にとどめておきたいということでいずれのオファーも全て断っています。この行動に対して欧州のサッカーファンは吉田選手を称賛しています。

吉田麻也の小学校中学校高校

本項では吉田麻也選手の小学生・中学生・高校生時代について深掘りしていきたいと思います。まず吉田選手の通っていた小学校・中学校・中学校について紹介します。

吉田選手は小学校を長崎市立仁田小学校(※現在は長崎市立仁田佐古小学校に改名)、中学校は愛知県三好町北中学校(※現在はみよし市立北中学校に改名)高校は愛知県立県豊田高校です。

サッカーのチームは同じく小中高の順でご紹介すると小学生時代が地元長崎の南陵FC、中学生時代が名古屋グランパスジュニアユース、高校生時代が名古屋グランパスユースとなっております。

お気づきかもしれませんが吉田選手は小学生時代を地元長崎県で、中学生からは愛知県で過ごされています。

これは小学校を卒業時に記念受験として受けた名古屋グランパスジュニアユースセレクションに合格し、入団が決定した事により中学生からは愛知県に移住したそうです。

中学生時点で地元を離れる決断というのは簡単ではないでしょうがサッカーのために移住を決断した吉田少年にはサッカーに対する強い信念が感じられますよね!

吉田麻也は3人兄弟

吉田麻也選手3人兄弟の末っ子として生まれました。長男のお兄さんの名前は穂波(ほなみ)さん、次男のお兄さんの名前は美礼(みれい)さんというそうです。長男の穂波さんは7歳差、美礼さんとは6歳差の年の差があるそうです。

吉田選手の幼少期は年の離れたお兄さんたちによく可愛がられていた存在だったそうです。現在は経験豊富な年長者としてらキャプテンとして森保ジャパンをまとめあげているイメージがあるので少し意外ですよね!

なお、2人のお兄さんは一般人のため名前と年齢以外の情報は公表されていませんでした。上記のツイートの写真の男性は吉田選手の実のお兄さんではなく縁戚関係にある親戚のお兄さんで元プロ野球選手の下柳剛さんとのツーショット写真です。

吉田選手自身はプロサッカー選手で遠戚の方にはプロ野球選手ということは吉田選手の身内は運動をに向いている血筋なのかもしれませんね!

吉田麻也は長崎県出身

前述した通り吉田麻也選手の地元は長崎県です。同じ長崎県出身といいますと現日本代表監督である森保一監督も同じ出身地ですよね!長崎県といえば第二次世界大戦(大東亜戦争)中に広島県と共に被爆した県でもあります。

そのことから吉田選手は毎年世界に対して個人のSNSを通して平和を訴えるメッセージを発信し続けています。

今年2022年も吉田選手のオフィシャルインスタグラムアカウントにて長崎県が被爆した8月9日に娘さん写真・地元長崎県の風景写真を投稿。

写真と共にメッセージで2022年が長崎県にとって77年目の長崎原爆の日であることを伝え、あわせて現在行われているロシアの侵攻によるウクライナ戦争に対して言われていると思われるメッセージとして『戦争をやめろ』と発信をしました。

長崎県出身であり世界で活躍するサッカー選手である吉田選手は影響力の強い方ですから吉田選手のような方が平和に対してメッセージを送るのには強い意味がありますよね。

まとめ

今回は森保ジャパンを発足当初から先頭に立ち続けチームを引っ張り続けてきたキャプテン吉田麻也選手について紹介しました。

吉田選手にはキャプテンとして本大会でも森保ジャパンを今まで通り引っ張っていって欲しいですよね!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次