MENU

町野修斗のW杯日本代表の追加招集理由はなぜ?中山雄太代役でもポジション違う?【カタールワールドカップ2022】

今回はカタールワールドカップの本大会登録メンバーに追加招集という形で選出された町野修斗選手について紹介していきます。町野選手はFWの選手であり得点を期待されている選手です。そんな町野選手について深掘りしていきましょう!

目次

町野修斗がW杯メンバー追加招集

森保ジャパンは11月1日14:00に公益財団法人日本サッカー協会主催の会見でカタールワールドカップに臨む本大会登録メンバー26人を発表しました。

その本大会登録メンバーに見事選ばれた中山雄太選手(左サイドバック・イングランドEFLチャンピオンシップ ハダースフィールド)がカタールワールドカップ本大会登録メンバー発表直後のEFLチャンピオンシップの第19節サンダーランド戦アキレス腱の損傷を負ってしまい負傷交代。

怪我の具合を考慮した結果、カタールワールドカップでプレーすることは難しい怪我であることに加えて手術を行うことを決定しカタールワールドカップには出場できなくなってしまいました。

そんな中山選手に代わって追加招集されたのは湘南ベルマーレ所属のFW町野修斗選手です。町野選手はコメントで『責任を持って戦います。』と発言しており中山選手の無念も背負いながらカタールの地でワールドカップを戦うことになりました。

町野修斗の追加招集理由

本項では町野修斗選手の追加招集の理由を推測してみましょう。町野選手の追加招集はズバリFWの起用法・攻撃のレパートリーを増やしたかったからというのが推測されます。

町野選手の特徴は前線で体を張りボールを収めるポストプレーと185cmの高さを生かしたプレーができることです。さらに町野選手は頭から足どこでもゴールを奪える選手でありそのプレースタイルはかつての日本代表のエースストライカー大迫勇也選手に重なるものがあります。

町野選手には今回招集されている上田綺世選手・前田大然選手・浅野拓磨選手とはまた違う味がある選手であり町野選手をメンバーに加えることでこのFW陣4人でチームの攻撃のレパートリーを増やすことができます。

それらのことから町野選手カタールワールドカップメンバーに追加招集されたのでしょう。サッカーはゴールを決めなければ勝てませんからね。特に筆者は森保ジャパンにとって町野選手を追加招集したメリットは町野選手の『高さ』の部分だと思います!

中山雄太代役でもポジションが違う?

本項ではポジションの件について解説します。負傷離脱となった中山雄太選手は主に左サイドバック、追加招集された町野選手はFWとなっており2人のポジションに互換性はありません。この部分に関してサポーターやファンから疑問の声が上がっています。

ではなぜ中山選手と町野選手のポジションが違うにもかかわらず町野選手が追加招集されたのでしょう?筆者の推測にはなってしまいますがおそらくFW陣のレパートリー・パターンを増やしたかったからと筆者は推測します。

本来の登録メンバーではFW(センターフォワード)には上田綺世選手、前田大然選手、浅野拓磨選手の3人のみの選出となっていました。


町野選手を今回追加招集したことによってまた1人違うタイプのFWをチームに加えることでチームとしての戦い方のレパートリーが増えると判断した為、森保一監督は町野選手を追加招集することを決めたのだと思います。

中山選手がカバーしているポジションは主に左サイドバックやボランチ、3バックの左です。このポジションですと現在招集されている選手たちで中山選手がいないとしてもポリバレント性を各選手が発揮することによってカバーできると森保監督は判断したのでしょう。

加えて森保監督はDFラインを元々9人リストに入れていて中山選手が抜けたとしてもDFラインの選手は8人います。ですので森保ジャパンの基本DFの枚数(3〜5枚。基本は4枚が多い。)を考えると8人で十分にカバーできるものだと考える判断も妥当です。

町野修斗の日本代表での役割

町野修斗選手日本代表での1番求められる役割はFWですのでやはり『得点に絡む仕事又は得点を取る』になってくるでしょう。これは世界中のどのチームのFWにも共通して言えることかと思います。

ですので今回は森保ジャパンにおいて町野選手が『得点に絡む仕事又は得点を取る』以外に特に求められる重要な役割について解説させていただきます。その役割とは前線からのハードワークと高さを生かしたポストプレーでしょう。

まずは前線からのハードワークですが日本代表が格上の対戦相手スペイン、ドイツ等を相手にして戦う時には力関係を考慮して冷静に守備を重点的に行う必要があります。この守備のスイッチを最前線のFWがいれる役割を担うのは森保ジャパンFW陣の共通の役割です。

二つ目は高さを生かしたポストプレーです。この高さを生かしたポストプレーが町野選手が他のFW陣と違う味を出せる強みとなり、森保ジャパンの攻撃に新しいエッセンスを加えることになります。

森保監督は今回のメンバーの中で町野選手にこの点を期待して追加招集したはずですので町野選手は自分の存在意義を示すためにも高さを生かしたポストプレーは本番で発揮することが求められます。

まとめ

今回はカタールワールドカップに追加招集されて滑り込みでメンバー入りを果たした町野修斗選手について紹介させていただきました。町野選手には中山選手の思いも背負ってプレーする必要があると思います。

また日本を背負ってサッカー選手の夢舞台であるワールドカップでプレーすることに喜びを感じてのびのびと力を発揮して欲しいですよね!若きストライカー町の選手に期待しましょう!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次