MENU

セルヒオ・ブスケツの凄さ天才プレースタイル!成績に年齢身長プロフィール【スペイン代表/カタールワールドカップ2022】

今回はスペイン代表の選手であり日本代表のワールドカップ対戦選手になりうるセルヒオ・ブスケツ選手について紹介します。

本記事を読んでいただきセルヒオ・ブスケツ選手のことを深く知れるように解説していくのでよろしくお願いいたします。

目次

セルヒオ・ブスケツのプロフィール・経歴

まずはセルヒオ・ブスケツ選手のプロフィールをご紹介します。

セルヒオ・ブスケツ選手プロフィール

・生年月日 1988.07.16 (34)
・国籍 スペイン
・身長 189cm
・ポジション DMF(守備的ミッドフィルダー)
・所属チーム FCバルセロナ
・背番号 5番

これまでのキャリアはCD デル ヴァレス(1995-1996), CEF バルベラ アンダルシア(1996-1999), UE ライダ(1999-2003), UFB ヤバック イ テラッサ U19(2003-2005)と数クラブを経由し2005年からFCバルセロナのカンテラ(ラ・マシア)に入団し順調に成長しトップチームに昇格し現在に至ります。

セルヒオ・ブスケツ選手
FCバルセロナのいわゆる生え抜き選手である【カンテラーノ】と言われる選手でFCバルセロナ内でも人気が高い選手です。

スペイン代表歴は2009年4月1日のデビューをしました。2010年の南アフリカワールドカップでは主力として優勝も経験しています。2022年現在も中心選手としてスペイン代表で活躍しています。

セルヒオ・ブスケツの年齢身長

セルヒオ・ブスケツ選手の年齢・身長は前項に記載の通り34歳・189CMとなっています。34歳の年齢はサッカー選手の中ではベテランの領域に入るのでセルヒオ・ブスケツ選手経験が豊富なチームを引っ張る役割が求められますね。

これまでの経験豊富なキャリアの中でセルヒオ・ブスケツ選手はとれるタイトルを全て獲得しています。FCバルセロナではFIFAクラブワールドカップ3回、欧州CL3回、UEFAスーパーカップ3回、国内リーグ8回、国内カップ7回、国内スーパーカップ8回を獲得。

スペイン代表ではワールドカップ1回、UEFA欧州選手権1回を獲得しているという選手キャリアで誰もが羨ましがるタイトル獲得歴となります。

身長は189CMと長身プレーヤーの部類に入るかと思います。セルヒオ・ブスケツ選手は身長は高いですが体格の方は最近のサッカー選手のトレンドである筋力トレーニングによる体格を太く厚く大きくするという体格はしていなくサッカー選手に必要最低限の筋力トレーニングのみを行っているのでしょう。

セルヒオ・ブスケツは天才で凄さ

セルヒオブスケツ選手はよく天才といわれます。筆者は一概にセルヒオブスケツ選手のプレー全てが才能によるものだとは思いませんが彼のプレーには試合を読む力や嗅覚・感覚には才能が入り混じっているというのには納得です。

サッカーにはどうしても口で説明できない部分が存在していてその主な部分はサッカーのおける嗅覚・感覚といわれるものが当てはまるでしょう。

セルヒオ・ブスケツ選手のテクニックやサッカーIQなるものはFCバルセロナの育成組織カンテラで培われたものであるのとセルヒオ・ブスケツ選手自身の努力によるものでしょう


ただ先ほど述べた試合を読む力や嗅覚・感覚というものはより多くの試合や練習をこなすことで彼自身が身に着けてきた独自のものであると言えます。

この感覚・嗅覚は主にパスでゲームを組み立てる際や守備時の危機察知能力で垣間見ることができセルヒオ・ブスケツ選手の注目ポイントの1つであります。

セルヒオ・ブスケツのプレースタイル

セルヒオ・ブスケツ選手のプレースタイルは一言でいうとチームの心臓となりうるプレーをする縁の下の力持ちとなるプレーをするスタイルです。

セルヒオ・ブスケツ選手はアンカーと言われるポジションで多くの回数ボールに触れてゲームのリズムを作り攻撃的な選手たちを生かすことが多く彼がDFラインの前でビルドアップに参加することでビルドアップがうまくいってしまう存在なのです。

中でもセルヒオ・ブスケツ選手のピッチ全体を把握する視野の広さや試合の状況を読みパスの強弱を調整しながら出しどころまで考えている戦術眼は長年FCバルセロナとスペイン代表に欠かせないものになっています。

セルヒオ・ブスケツ選手のプレーを見てサッカーを勉強できるほど彼のプレーには参考点がたくさんあるのです。

セルヒオ・ブスケツの成績

本項ではセルヒオ・ブスケツ選手のこれまでのキャリアでの出場キャリアや出場試合数に着目点を置き解説させていただきます。前述した通りこれまでのキャリアで誰しもが羨ましがるほどのタイトル数FCバルセロナやスペイン代表で獲得してきたセルヒオ・ブスケツ選手。

FCバルセロナではこれまで国内リーグ461試合、国内カップ戦90試合、CL及びELをはじめとする国際大会に143試合出場の公式戦合計694試合で18ゴール43アシストを達成しています。世界最高峰のクラブでこれだけ長く活躍し続けるのは圧巻の活躍ですね。

スペイン代表として2009年4月1日20歳の際に行われたワールドカップ欧州予選のトルコ戦でデビューしてからこれまで139キャップの試合出場を果たしていて2ゴール9アシストの成績を残しています。その中でもワールドカップには過去3大会連続出場を果たしていて13試合に出場しています。

まとめ

今回はスペイン代表の絶対的なアンカーセルヒオ・ブスケツ選手について紹介させていただきました。

スペイン代表の心臓と言っても間違いない選手ですので日本代表がワールドカップ本大会で対戦する際にはセルヒオ・ブスケツ選手に要注意ですね。

本記事を読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次