MENU

山根視来の読み方に嫁妻結婚や子供兄弟!海外移籍や年俸も【カタールW杯2022日本代表】

今回はワールドカップ出場メンバーでサッカー日本代表山根視来選手について紹介します。

山根視来選手はJリーグで圧倒的な強さを誇る川崎フロンターレの主軸の選手として活躍している選手です。カタールワールドカップでも活躍が期待されます。

今回はそんな山根選手について解説していきます。

目次

山根視来の名前の読み方

山根視来選手の名字である「ヤマネ」については難しくない感じですし一般的な読み方ですよね。ただ名前の漢字である視来について1番最初にこの字を見た際に正しい読み方ができる方は少ないのはないでしょうか?実際に筆者個人的にも最初に読み方が分からずウェブで調べた経験を思い出します。

この視来という漢字は「ミキ」と読み山根選手のフルネームは「ヤマネミキ」となります。人の名前を呼ぶ際に名前を間違えてしまうのは非常に失礼なことにあたりますので気をつけたいですよね。最近は名前のレパートリーが増えてきていますが漢字のレパートリーも増えてきていて面白いですね。

ちなみに日本代表や川崎フロンターレのユニフォームの裏に記載される名前が入る欄にはYAMANEと記載されています。試合中放送では解説者や実況者からは山根と呼ばれることも多いです。ただ川崎フロンターレや元所属の湘南ベルマーレの一部のファンからは視来と愛着を込めて名前で呼ばれています。

山根視来の結婚した妻嫁に子供は?

山根視来選手は2018年12月22日に一般女性との婚姻届を提出して入籍したことが当時所属していた湘南ベルマーレのホームページ上で発表されています。婚姻届を提出した日付は山根選手が当時25歳になった誕生日の日に入籍をしたそうです。相手の女性の名前は一般女性のため名前は公表されていません。

その女性と婚姻してから約7ヶ月この2019年7月23日に第一子である長女を出産したと当時所属の湘南ベルマーレのホームページ上で発表しています。その後長男となる男の子も誕生しており1男1女と奥さんとの4人家族であることが川崎フロンターレのホームページのプロフィールで確認できます。

サッカー選手は比較的現役生活が短いため若い年代での結婚が多いことや子供の誕生も早い傾向にありますので山根選手もその流れを汲んでいますね!

山根視来の海外移籍について

山根選手の海外移籍についての噂は過去に大きく報道されたという実績はありません。山根選手は桐蔭横浜大学卒業後、湘南ベルマーレでプロ入りを果たしその後川崎フロンターレで主軸として活躍しています。

山根選手の年齢は現在28歳であり海外移籍をするには少し年齢が高くリスクがあるというのが現状としてあります。

日本代表に選ばれ始めた数年前に移籍を試みれば可能性はあったかもしれませんが海外移籍をして移籍先のクラブで試合に出れなくなって代表に招集されなくなったりするリスクもあります。さらに川崎フロンターレでの練習や試合の質は国内トップクラスです。

このことから山根選手自身が川崎フロンターレでしっかりとトレーニングや試合を積んでいれば海外移籍をしなくてもレベルアップできると判断したのではと筆者は予測しています。

実際に川崎フロンターレから海外移籍を果たした日本代表の三苫薫選手守田英正選手は海外移籍後すぐに結果を出していますしカタールワールドカップではメンバーから惜しくも落選となりましたが旗手怜央選手も欧州CLに出場するなどしています。

山根視来の年俸について

山根選手の年俸は2022年現在は推定額にはなりますが約3500万円ほどなのではないかと各メディアは報道しています。J1で活躍する選手たちの平均年俸が3354万円という数字になっているので平均金額より少し上という数字ですね。

筆者個人的には日本代表でありワールドカップのメンバーに選ばれるほどの選手ですからもう少し貰ってもいいのではないかという率直な感想を持ってしまいました。

ただ、この平均年俸はあくまで平均値でありヴィッセル神戸所属の世界的スーパースターアンドレス・イニエスタ選手をはじめとする金満クラブヴィッセル神戸の選手たちの年俸が極端に高いため平均値が上がっているという現状であります。

なので山根選手のこの推定額というのは実際には他の選手たちよりももう少し貰っているというのか現状でしょう。プロサッカー選手という職業がもっと子供たちにとって夢のある職業になるためには年俸という面でも発展が必要になってくることは間違い無いですね!

まとめ

今回はカタールワールドカップで活躍が期待される山根視来選手について紹介させていただきました。所属する川崎フロンターレは国内で負けを許されないクラブでありほとんどの試合に勝ち続けるまさに常勝軍団です。この勝ち癖を山根選手には代表に持ち込んで日本代表もワールドカップで1つでも多くの勝利を勝ち獲ってほしいですね!

本記事をお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次