MENU

原田まりるの子供や慶応大学と年齢身長プロフィール!不妊治療や【FLASH】

2020年9月17日に結婚していること、そして妊娠していることをツイッターで公表していた、元アイドルそして、2013年まで『風男塾』のメンバーとしても活動しており、現在は作家として活動されている原田まりるさんの夫が超人気声優の白井悠介さんだったということが明らかになり話題になっています。

そこで今回は、原田まりるさんの子供や慶応大学、年齢や身長にプロフィール、不妊治療についてリサーチしました。

目次

原田まりるの年齢身長プロフィール

・名前:原田 まりる (はらだ まりる)
・本名:原田 まり
・生年月日:1985年2月12日
・年齢:37歳
・出身地:京都府京都市
・身長:168cm
・血液型:AB型
・職業:作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター

原田まりるさん (本名:原田 まり) は、1985年2月12日生まれの37歳です。元アイドルでありながら、現在は作家、コラムニスト、哲学ナビゲーターとして活躍しております。

原田さんは高校卒業後、大学に通いながら芸能活動を開始。本名および芸名であったを原田まりから原田まりるに変更しました。

2005年に吉岡美穂さんや菜々緒さんも受賞したレースクイーン・オブ・ザ・イヤーグランプリを受賞しました。

2008年11月にアイドルユニット中野風女シスターズに加入、及び2009年2月には流原蓮次として『風男塾』に加入し、CDデビューを果たします。2009年には初代ミスチョロQに就任。

2013年7月、甲状腺疾患による体調不良で風男塾の全国ツアーを離脱。9月の新曲イベントにて風男塾を卒業しました。2014年10月に『私の体を鞭打つ言葉』を出版し、作家として活動開始します。

2016年9月に2作目『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』を出版し、第五回みんなで選ぶ京都本大賞を受賞

2018年には『アラフォー社畜の美少女生活』で第三回カクヨムweb小説コンテストキャラ文芸部門大賞受賞

2020年2月17日にはダ・ヴィンチにて連載していた、AIを描いたSFコメディ小説『ぴぷる』がドラマ化されることを発表し、同年5月にWOWOWプライムにて『ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜』が放送されました。

そして、2020年9月17日のツイートで、既婚であり不妊治療の末、第一子を妊娠したことを発表していましたが、相手は非公開となっておりました。後に『FLASH』2022年9月27日・10月4日合併号にて夫が声優の白井悠介さんであることが明らかとなりました。

原田まりるの子供について

原田るりさんは2020年9月17日のツイートで第一子を妊娠したことを発表し、2021年4月4日のツイートで元気な男の子を出産したことを発表しております。

コロナ禍も重なり、大変な苦労の末に無事出産したことを報告されております。出産から7ヶ月たった2021年11月11日のツイートでようやくゆとりがもてるようになってきたと心境を綴っております。

原田まりるは不妊治療もしていた

2021年4月4日に元気な男の子を出産したことを報告した原田まりるさん。

実は2020年9月17日のツイートで、結婚していたこと、そして長期にわたる不妊治療の末に第一子を妊娠したことを発表しました。

不妊治療での苦しさと辛さ、結果を得るまでに様々な理不尽な経験をしたことも明かしておりました。そんな過酷な不妊治療を経て妊娠、そして元気なお子さん出産をした喜びは何事にを代え難いことだということが伝わってきますね。

原田まりるの慶応とは大学?

原田まりるさんは、慶応義塾大学通信教育課程で卒業しています。

原田さんは現在、哲学ナビゲーターとして活躍していることから分かるように、慶応義塾大学の通信教育課程では哲学について学んでいたようです。

ちなみに、原田さんには京都女子大学中退した学歴もありますが、中退した理由は明らかになっておりません。

大学時代の教授に本を出すにはどうしたら尋ねており、変わった経歴があると出しやすいとアドバイスをもらったため、芸能界入りを決意したようです。

まとめ

今回は、元アイドルで風男塾のメンバーであった、原田まりるさんのプロフィール、子供や不妊治療についてご紹介致しました。

夫が人気声優の白井悠介さんだということが明らかになった原田さん。大変な不妊治療や妊娠、出産を経て現在は作家、そして一児の母として子育てにも奮闘してらっしゃるようですね。

夫の白井さんは妻である原田さんのことを子供のことを本当に愛してくれていて尊敬できます。と語っています。仲睦まじく幸せな家庭であることがわかりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次