MENU

韓国ハロウィン将棋倒し事故の死因原因は?韓国圧死事故の過去は?

韓国・ソウルの梨泰院で起こってしまった悲惨な圧死事故154人もの死亡者が出ております。今回の事故は大規模な惨事が発生せざるを得ない条件だったという嘆きの声も上がっています。

そこで今回は、韓国ハロウィンの将棋倒し事故の死因と原因、韓国の圧死事故の過去についてリサーチしました。

目次

韓国でハロウィン将棋倒し事故

10月29日夜遅く、韓国・ソウルの繁華街である梨泰院 (イテウォン) でハロウィーンを前に仮装した多くの若者らが密集し、折り重なるように将棋倒しになる事故が起きました。

外国人20人を含む154人が死亡、133人が負傷しています。このうち、140人余りは身元が判明しているということです。

そして、死者に日本人が2人含まれていたことが分かり、10代の女性が1人、20代の女性が1人だということが日本の政府関係者が明らかにしました。

将棋倒し事故の死因は?

今回の梨泰院で起きた事故では154人が死亡。現場では救急車143台が出動しており、死傷者の多数が10代から20代の若者たちだったようです。

そして、将棋倒し事故で亡くなった方の多くは、下敷きになって圧死したのではなく、立っている状態で押しつぶされて圧死したとされています。

死亡者のうち、かなりの人数が、立っている状態でも転倒した状態でも、姿勢とは無関係に起こる可能性がある圧着性窒息死と推定されています。

将棋倒し事故の原因は?

梨泰院で起きてしまった将棋倒し事故は、いくつかの要因が重なってしまい起きた事故ではないかとされています。

一つ目の要因はハロウィンのイベントなどに集まった、10万人以上の人出です。事故が起きた10月29日夜の人出は、普段から梨泰院をよく訪れていた人たちにとって、異例だったようです。また、今回は警察人員も少なく、統制できていなかったようです。

もう一つの要因は事故が発生したとされる傾斜した狭い路地です。事故現場は幅3.2mの路地になっており、大人4人が並ぶといっぱいになるほどの狭さ。しかし、事故当時は10人以上いたようで、さらにこの路地は10mの急な傾斜があり、その場所に人が急激に密集し、狭い路地を抜け出そうとしたために発生したとされています。

そして、被害が大きくなってしまった最大の要因は、人の密集により救助が遅れたことだとされており、10万人以上の人が押し寄せた梨泰院路の付近には車も無断駐車しており、救急車が進入するのも容易でなかったようです。もちろん警察や消防隊員も入れない状態となり、救助活動を始めるにも時間が相当かかってしまい病院に移送する時間も遅れてしまいました

事故現場の路地は狭く、環境の面でも今回の事故はすべての条件が悪く作用したと見られています。

韓国圧死事故の過去は?

韓国で過去に圧死事故が起きたとされる記録はありませんでしたが、他の海外では過去に、人が密集して、折り重なるように倒れて大勢の人が亡くなる事故が起きています。

2022年10月1日にインドネシア・東ジャワ州マラン県プロサッカーリーグの試合後に大規模な混乱が起きて135人が死亡しています。グラウンドに入り込んだ観客に対し、警察が催涙ガスを発射したことが原因で、観客がパニック状態になり、出口に集中した人たちが折り重なるように倒れる事故が起こっています。

また、2015年9月にはサウジアラビア西部にあるメッカの郊外で、イスラム教徒の大巡礼・ハッジのために訪れていた大勢の巡礼者が折り重なるように倒れる事故が起き、死者数が1000人を超えたとされています。

さらに2010年11月、カンボジアの首都プノンペンでは、祭りの見物に来ていた大勢の人たちが橋の上などで折り重なるように倒れ、350人が死亡したということです。

まとめ

今回は、韓国・ソウルの梨泰院で起こってしまった悲惨な圧死事故についてご紹介してきました。

多くの犠牲者が出た死因として圧着性窒息死の可能性が高いとされる今回の圧死事故。事故の原因も様々な悪条件が重なり発生した事故かもしれません。

本日のハロウィンは日本でも多くの人が渋谷などに集まることが予想されるので、安全に楽しんでほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次