山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

秋の様子

2017.10.13漢詩に見る折々の人生

染不成乾画未消 霏霏払払又迢迢 曾従建業城辺過 蔓草寒煙鎖六朝   八五〇年生まれの呉融(ごゆう)の「秋の様子」。   ■読みと解釈 染不成乾画未消 染(そ)めて乾(か…続きを読む

暁角を聴く

2017.10.06漢詩に見る折々の人生

辺霜昨夜堕関楡 吹角当城片月孤 無限塞鴻飛不度 秋風巻入小単于   七四八年生まれの李益(りえき)の「暁角(ぎょうかく)を聴く」。暁角は軍隊で夜明けの時刻を知らせるために吹く獣の…続きを読む

野蛮人を平定した曲

2017.09.29漢詩に見る折々の人生

渺渺戍煙孤 茫茫塞草枯 隴頭那用閉 万里不防胡   七〇九年頃亡くなった劉長卿(りゅうちょうけい)の「野蛮人を平定した曲」。     ■読みと解釈 &nbsp…続きを読む

清明の日

2017.09.22漢詩に見る折々の人生

他皆携酒尋芳去 我独関門好静眠 唯有楊花似相覓 因風時復到牀前   九二五年に亡くなった李建勲(りけんくん)の「清明(せいめい)の日」。清明の日は春分から15日目。この日は青々し…続きを読む

旅の眺め

2017.09.15漢詩に見る折々の人生

百花原頭望京師 黄河水流無尽時 秋天曠野行人絶 馬首西来知是誰   六九〇年生まれの李頎(りき)の「旅の眺め」。   ■読みと解釈 百花原頭望京師 百花の原頭(げんとう…続きを読む

華清宮に立ち寄る

2017.09.08漢詩に見る折々の人生

長安回望繍成堆 山頂千門次第開 一騎紅塵妃子笑 無人知是茘枝来   八〇三年生まれの杜牧(とぼく)の「華清宮(かせいきゅう)に立ち寄る」。   ■読みと解釈 長安回望繍…続きを読む

営州の歌

2017.09.01漢詩に見る折々の人生

営州少年厭原野 狐裘蒙茸猟城下 虜酒千鐘不酔人 胡児十歳能騎馬   七〇七年生まれの高適(こうせき)の「営州(えいしゅう)の歌」。営州は中国北方の地。外敵との国境地帯で、戦地であ…続きを読む

尤渓での旅の途中

2017.08.25漢詩に見る折々の人生

水自潺湲日自斜 尽無鶏犬有鳴鴉 千村万落如寒食 不見人煙空見花   八四四年生まれの韓偓(かんあく)の「尤渓(ゆうけい)での旅の途中」。尤渓は中国南方の地。   ■読み…続きを読む

書物を焼き穴に埋める

2017.08.18漢詩に見る折々の人生

竹帛煙銷帝業虚 関河空鎖祖竜居 坑灰未冷山東乱 劉項元来不読書   八三七年生まれの章碣(しょうけつ)の「書物を焼き穴に埋める」。   ■読みと解釈 竹帛煙銷帝業虚 竹…続きを読む

野原の池

2017.08.11漢詩に見る折々の人生

侵暁乗涼偶独来 不因魚躍見萍開 巻荷忽被微風触 瀉下清香露一杯   八四四年生まれの韓偓(かんあく)の「野原の池」。   ■読みと解釈 侵暁乗涼偶独来 暁(あかつき)を…続きを読む