山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

漢苑の行

2019.08.23漢詩に見る折々の人生

囘雁高飛太液池 新花低発上林枝 年光到処皆堪賞 春色人間総未知   唐の張仲素(ちょうちゅうそ)の「漢苑(かんえん)の行(うた)」。張仲素の生没年等は不明。漢苑は漢の御苑。 &n…続きを読む

虢州の後亭にて李判官の使いして晋絳に赴くを送る

2019.08.02漢詩に見る折々の人生

西原駅路掛城頭 客散江亭雨未休 君去試看汾水上 白雲猶似漢時秋   七一五年頃生まれた岑参(しんじん)の「虢州(かくしゅう)の後亭(こうてい)にて李判官(りはんがん)の使いして晋…続きを読む

郡の中にて事に即す

2019.07.26漢詩に見る折々の人生

紅衣落尽暗香残 葉上秋光白露寒 越女含情已無限 莫教長袖倚闌干   唐の羊士諤(ようしがく)の「郡の中にて事に即す」。羊士諤の生没年等は不明。郡の中の事を即興的に詠む。 &nbs…続きを読む

銅雀台

2019.07.19漢詩に見る折々の人生

銅台宮観委灰塵 魏主園陵章水浜 即今西望猶堪思 況復当時歌舞人   唐の劉廷琦(りゅうていき)の「銅雀台(どうじゃくだい)」。劉廷琦の生没年等は不明。銅雀台は魏の曹操(そうそう、…続きを読む

浩初上人の仙人山に登らんと欲して貽らるるに酬ゆ

2019.07.12漢詩に見る折々の人生

珠樹玲瓏隔翠微 病来方外事多違 仙山不属分符客 一任凌空錫杖飛   七七三年生まれの柳宗元(りゅうそうげん)の「浩初上人(こうしょしょうにん)の仙人山に登らんと欲して貽(おく)ら…続きを読む

楊柳の枝

2019.07.05漢詩に見る折々の人生

館娃宮外鄴城西 遠映征帆近払堤 繋得王孫帰意切 不関春艸緑萋萋   八一二年生まれの温庭筠(おんていいん)の「楊柳(ようりゅう)の枝」。楊柳はやなぎの総称。   ■読み…続きを読む

九日の宴

2019.06.28漢詩に見る折々の人生

秋葉風吹黄颯颯 晴雲日照白鱗鱗 帰来得問茱萸女 今日登高酔幾人    唐の張諤(ちょうがく)の「九日(きゅうじつ)の宴」。張諤の生没年等は不明。   ■読みと解釈 秋葉…続きを読む

劉判官の磧西に赴くを送る

2019.06.21漢詩に見る折々の人生

火山五月行人少 看君馬去疾如鳥 都使行営太白西 角声一動胡天暁    七一五年頃生まれた岑参(しんじん)の「劉判官(りゅうはんがん)の磧西(せきせい)に赴くを送る」。劉は姓。生没…続きを読む

初めて巴陵に至り李十二白と同に洞庭湖に泛かぶ

2019.06.14漢詩に見る折々の人生

楓岸紛紛落葉多 洞庭秋水晩来波 乗興軽舟無近遠 白雲明月弔湘娥    七一八年生まれの賈至(かし)の「初めて巴陵(はりょう)に至り李十二白(りじゅうにはく)と同(とも)に洞庭湖(…続きを読む

玉関にて長安の李主簿に寄す

2019.06.07漢詩に見る折々の人生

東去長安万里余 故人那惜一行書 玉関西望腸堪断 況復明朝是歳除    七一五年生まれの岑参(しんじん)の「玉関(ぎょくかん)にて長安の李主簿(りしゅぼ)に寄す」。玉関は西域と内地…続きを読む