山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

漢詩に見る折々の人生

豊楽亭にて春に遊ぶ

2018.05.18漢詩に見る折々の人生

紅樹青山日欲斜 長郊草色緑無涯 遊人不管春将老 来往亭前踏落花   一〇〇七年生まれの欧陽修(おうようしゅう)の「豊楽亭(ほうらくてい)にて春に遊ぶ」。豊楽亭は東屋(あずまや)の…続きを読む

台城

2018.05.11漢詩に見る折々の人生

江雨霏霏江草斉 六朝如夢鳥空啼 無情最是台城柳 依旧煙籠十里堤   八三六年生まれの韋荘(いそう)の「台城(だいじょう)」。   ■読みと解釈 江雨霏霏江草斉 江雨は霏…続きを読む

古別離

2018.04.27漢詩に見る折々の人生

晴煙漠漠柳毿毿 不那離情酒半酣 更把玉鞭雲外指 断腸春色在江南   八三六年生まれの韋荘(いそう)の「古別離(こべつり)」。古別離とは過去の古い別離の詩に習う意。   …続きを読む

孫山人に寄す

2018.04.20漢詩に見る折々の人生

新林二月孤舟還 水満清江花満山 借問故園隠君子 時時来往往人間   七〇七年生まれの儲光羲(ちょこうぎ)の「孫山人(そんさんじん)に寄す」。孫は姓。山人は世捨て人。儲光羲と孫山人…続きを読む

城東の荘に宴す

2018.04.13漢詩に見る折々の人生

一年始有一年春 百歳曾無百歳人 能向花前幾回酔 十千沽酒莫辞貧   生没年不詳の唐の崔敏童(さいびんどう)の「城東(じょうとう)の荘に宴す」。街の東側の別荘で宴会する。別荘の主は…続きを読む

東の欄の梨の花

2018.04.06漢詩に見る折々の人生

梨花淡白柳深青 柳絮飛時花満城 惆悵東欄一株雪 人生看得幾清明   一〇三六年生まれの蘇軾(そしょく)の「東の欄(らん)の梨の花」。欄は欄干。手摺り。   ■読みと解釈…続きを読む

鍾山の即事

2018.03.30漢詩に見る折々の人生

澗水無声繞竹流 竹西花草弄春柔 茅簷相対坐終日 一鳥不鳴山更幽   一〇二一年生まれの王安石(おうあんせき)の「鍾山(しょうざん)の即事」。鍾山は南京にある山。山近くには王安石の…続きを読む

湖陰先生の壁に書く

2018.03.23漢詩に見る折々の人生

茆簷長掃静無苔 花木成畦手自栽 一水護田将緑遶 両山排闥送青来   一〇二一年生まれの王安石(おうあんせき)の「湖陰(こいん)先生の壁に書く」。湖陰先生は王安石の隣人。 &nbs…続きを読む

再び露筋祠に立ち寄る

2018.03.16漢詩に見る折々の人生

翠羽明璫尚儼然 湖雲祠樹碧於烟 行人繋纜月初堕 門外野風開白蓮   一六三四年生まれの王士禎(おうしてい)の「再び露筋祠(ろきかし)に立ち寄る」。露筋祠は江蘇省にある御霊屋(みた…続きを読む

酔いて祝融峰を下る

2018.03.09漢詩に見る折々の人生

我来万里駕長風 絶壑層雲許盪胸 濁酒三杯豪気発 朗吟飛下祝融峰   一一三〇年生まれの朱熹(しゅき)の「酔いて祝融峰(しゅくゆうほう)を下る」。祝融峰は湖南省にある山。 &nbs…続きを読む