山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

雪の降る中、紅橋に立ち寄る

2018.02.02

玲瓏玉樹冷棲鴉

多少紅楼隔水涯

一路画簾寒不巻

隔墻香出白梅花

 

一七七一年生まれの陳文述(ちんぶんじゅつ)の「雪の降る中、紅橋(こうきょう)に立ち寄る」。紅橋は江蘇省の景勝地にある橋。

 

■読みと解釈

玲瓏玉樹冷棲鴉

玲瓏(れいろう)たる玉樹(ぎょくじゅ)に棲鴉(せいあ)は冷ややかにして

[透き通る鮮やかな樹々に雪降り鴉の塒はひんやりし]

 

多少紅楼隔水涯

多少の紅楼(こうろう)は水涯(すいがい)を隔てり

[数知れぬ多くの紅色の楼閣が両岸に建ち並んでいる]

 

一路画簾寒不巻

一路の画簾(がれん)は寒くして巻かず

[道沿いの楼閣にずっと画いた絵簾は寒くて巻き上げぬまま]

 

隔墻香出白梅花

墻(かき)を隔てて香は白梅花(はくばいか)より出ず

[垣根の向こうから白梅の花の匂いが香ってくる]

 

 

■注目点

詩の組み立てに注目。

一句目。雪が降り寒い。樹も寒いし、鴉も寒い。人も寒い。

二句目。楼閣には化粧した美女たち。酒席で歌や舞をする女たち。

三句目。楼閣の簾は下げたまま。寒いから。美女たちの姿は見えぬ。

四句目。美女たちは見えぬが、美女たちを思わせる白梅の香が匂う。

色彩豊かな詩。雪の白。紅橋、紅楼の紅。玉樹の透明色。水の青。画簾の多色。寒の冷淡色。墻の一色。白梅花の白。種々様々な色を駆使し、紅橋にある紅楼、そして酒席を賑わす美女を詠む。

雪の降る中、美女と遊ぶためにやって来たが、思いが叶わぬ陳文述。無念。

 

《PN・帰鳥》