山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

還ってきた端州駅は以前に高六と別れた所

2016.11.25

旧館分江口

凄然望落暉

相逢伝旅食

臨別換征衣

昔記山川是

今傷人代非

往来皆此路

生死不同帰

 

六六七年生まれの張説(ちょうえつ)の「還(かえ)ってきた端州駅(たんしゅうえき)は以前に高六(こうろく)と別れた所」。端州駅は広東省にある宿場。高六は高戩(こうせん)のこと。

 

■読みと解釈

旧館分江口

旧館は分江の口(ほとり)

[元の宿屋は川が二つに分かれている辺りにあり]

 

凄然望落暉

凄然(せいぜん)として落暉を望む

[その宿屋で沈む夕日をもの寂しく眺める]

 

相逢伝旅食

相い逢いしは旅食(りょしょく)を伝え

[出会った時は旅の飯を分けて食べ]

 

臨別換征衣

別るるに臨みしは征衣を換(か)えり

[別れる羽目になった時は旅の衣を交換した]

 

昔記山川是

昔に記せる山川は是(ぜ)なるも

[昔に記憶している山や川は変わらぬが]

 

今傷人代非

今に傷むは人代(じんだい)の非なるを

[今に傷心している人の世は変わっている]

 

往来皆此路

往来するは皆な此の路(みち)なるに

[行きも帰りも誰もこの道を通るのに]

 

生死不同帰

生死は帰(き)を同じくせず

[生きると死ぬとは共に帰することは適わぬ]

 

 

■注目点

高六に対する作者の思いに注目。

作者が高六と出会ったのは端州の宿屋。端州は香港地方で、当時は不便不自由な地。宿屋は旅人が利用。その宿屋に何年ぶりかに泊まった作者は、西に沈む夕日をもの寂しく眺めつつ、あの頃を追憶する。

追憶1。宿屋は今なお健在。追憶2。旅の飯を分けて食べた。追憶3。別れの記念に衣を交換した。追憶4。山や川は昔のまま。追憶5。人の世は昔のままではない。追憶6。人は皆な同じ道を通る。追憶7。生と死は同じ道を通らない。

自然は変わらぬが、人事は変わる。作者と高六とは深く繋がっていたが、今や高六は死に、作者は生きている。この無常。作者の思いはここ。

 

《PN・帰鳥》