山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

辺将に宴す

2019.10.04

一曲涼州金石清

辺風蕭颯動江城

坐中有老沙場客

横笛休吹塞上声

 

唐の張喬(ちょうきょう、生没年不明)の「辺将(へんしょう)に宴す」。辺将は辺境を守る将軍。宴は宴会。

 

■読みと解釈

一曲涼州金石清

一曲の涼州(りょうしゅう)は金石(きんせき)清く

[涼州の曲を演奏する打楽器は清く悲しげで]

 

辺風蕭颯動江城

辺風(へんぷう)は蕭颯(しょうさつ)として江城を動かす

[辺境に吹く風はもの寂しく川近くの街を揺り動かす]

 

坐中有老沙場客

坐中(ざちゅう)には沙場(さじょう)に老いたる客有れば

[一座の中には古里を離れ砂漠で老いた兵士がいるので]

 

横笛休吹塞上声

横笛(おうてき)は塞上(さいじょう)の声を吹くを休(や)めよ

[横笛で国境付近の曲を吹くのは止めてくれ]

 

 

■注目点

宴席の情景に注目。辺境を守る将軍の宴席に涼州曲が流れている。涼州は西方の甘粛省の地で、その曲調は清く透き通って悲しげ。辺境近くには街があり川もあり、風が吹くともの寂しく激しく、不動の街や川を揺り動かす。揺り動かすのは風ではなく、清く透き通って悲しげな曲調かも知れない。

辺境を守る将軍の宴席には望郷が忍び寄る老兵士もいる。涼州の曲を吹くのは止めてくれ。清く透き通って聞こえる曲は聞くに堪えない。

宴席には酒もあろう。酔いが回りいい気分になっても、老兵士は戦場にいることが頭から離れない。早く古里に帰りたい。

作者が老兵士に代わり、胸中を詠んだ詩。

 

《PN・帰鳥》