山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第462回「司会で気を付けること」

2019.07.26

Q 会社のイベントで司会を担当することになりました。初めての司会なので何に気を付けるべきなのか、どんな話し方の原稿にして進めるべきか、何もわからず困っています。お客様に失礼のないようにしたいので、気を付けることを教えて下さい。

 

 

A お客様に対して司会進行をする時には、命令を下した印象を与えないように心がけたいものです。「○○して下さい」と伝えるより、「○○をお願い致します」と伝える方が好印象です。

 

〈例〉「前のお席から順にお座り下さい」と伝えるよりは、「○○をお願い致します」とのお願いをした後に、「ご協力有難うございます」のお礼の言葉も忘れずにお伝え下さい。

 

「座られて下さい」「ステージの方に進まれて下さい」など、「れる・られる」の多い言葉を使用すると、丁寧に伝えているように聞こえがちですが、「お座りに…」「お進み…」など、「れる・られる」以外の言葉で伝えるように心がけましょう。より丁寧な印象の言葉遣いに簡単に変換する意識に繋がります。

 

〈好印象のポイント〉司会進行する際は、お礼の言葉を伝えるようにすると好印象ですので、まずはお礼の言葉を忘れずにどうぞ。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)