山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第456回「状況に応じた振る舞い」

2019.06.14

Q 「女子」というには相応しいものか定かではありませんが、「女子会ランチ」のお誘いを最近受けます。お母さん達での食事会なのですが、少しお洒落な場所でお食事をします。そんな時の「食べ方?」「マナー?」、何と言えば良いのかもわかっておりませんが、恥をかきたくないので教えて下さい。前回のランチでのお料理の写真も添えます。

 

 

A それでは、写真のお料理についてご紹介をいたします。

 

☆テリーヌ(写真内の四角いお料理)は、左端からお切り下さい。1回にお口に入れる量を、1度ずつお切り下さい。全てを切ってその後にお召し上がりにならないようにお気をつけ下さい。

 

☆葉物は、ナイフで切ることはなさいませんように。ナイフとフォークを使用し、葉を小さく折り畳み、フォークで刺してまとめて頂きます。まとめてと申しましても、お写真の量ですと、お口に収まる量を加減し、何度かに分けてお召し上がり下さい。

 

☆ソースに関しては、お行儀の良い仕草で頂くという観点からは、パンにソースを付けて頂くことはなさらない方が、美しい印象を与えることが出来ます。

 

 ご家庭内でグルメメインで頂くべき時、美しい振る舞いを追求すべき時など、状況に合った振る舞いが出来ると、一層素敵さが増してまいります。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)