山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第455回「マナーの練習」

2019.06.07

 本日は、3歳の頃にテーブルマナーを学んで下さった10歳のご子息とそのお母さまとお会いし、フォーマルなレストランにて会食を致しました。日常からお母さまより「姿勢」についての指導を受けているとのことで、お食事中も姿勢に気を付けていらっしゃるご子息でした。

 

 例えば、スープを飲む時にも、前かがみにならないようにお母さまの目が光っております。「テーブルとお腹の距離をもう少し短くすると食べやすくなるわよ」と、大人は小さな声でささやきます。テーブルナプキンでお口を拭く時も、「お膝のナプキンにお顔を近づけてないで。姿勢はそのままよ」のささやき声に、「お口を拭く姿を人前で見せるのは失礼ではないの?」とささやくご子息。「姿勢を正したまま、目線だけ下に向ければOKよ」との大人の言葉に、今一つ腑に落ちない表情のご子息に、「お店を出た後にお伝えするわね」とつぶやき、楽しくお食事を続ける私達。

 

 3歳の頃には完璧だったはずのテーブルマナーでしたが、「やっぱり、定期的に経験しないと忘れてしまうね。ママも優しくささやく声になれる場所で良い練習になるね」とのご子息の感想により微笑ましい会食となりました。一度学んでも継続練習は大切ですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)