山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第450回「訪問時間のマナー」

2019.04.26

Q 訪問をする時、約束の時間よりどの程度早く訪問をするのがマナーなのでしょうか?(山口市・Kさん)

 

 

A ビジネス上のお約束の場合は、「『オンタイム』に訪問すべき」と言われております。

 

 お相手の時間を無駄にするわけにはいきません。また、早く訪れてしまうと、先約のお客様が訪問なさっていなくても、デスクワークや通信連絡の予定時間を遮ることも考えられます。お約束の時間よりも早めに現地付近に到着をしておくことは大切ですが、早く到着をしてしまったご自身の都合を優先してしまわないようにします。

 

 受付を通過し、お約束の人物と対面する場合は、受付の時間や受付から目的のお部屋に入るまでの時間も考慮して、お約束の人物に会う時間に間に合うようにして下さい。

 

 大勢の参加者で集まる場合は、上記の「オンタイム」とは異なります。関係者の方々が心配なさらないように、早めの到着を心掛けます。

 

 状況による訪問時間のマナーを心得ておきましょう。社内で5分前や10分前の行動を推奨している場合も、社外の方々に社内の決まりをおしつけるべきでないことは当然です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)