山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第448回「名刺のマナー」

2019.04.12

Q 営業部署を担当しており、今月から営業部に配属になった人に、名刺の渡し方について教えなければならないのですが、私自身、見様見真似で行ってきたので、本当に正しいのか自信がありません。人に教える時に、どんな内容を教えると良いか知りたいです。(山口市・Yさん)

 

 

A 名刺をお相手に渡して良いことが前提としてお話をさせて頂きます。

 

 「名刺は目下の人から先に出すべき」とのビジネスマナーがあります。そのような観点から、お相手の動きを待つのではなく、ご自身から先に、名刺を渡すように心がけましょう。

 

 しかし、お相手も同様のマナーを心得ていて、お相手が「私が先に!」と思っていらっしゃるような雰囲気の場合は、お相手のお気持ちを受け止めることも大切です。その場合は、「お先に失礼いたします」など、お相手にお礼の気持ちを伝えて受け取りましょう。

 

 名刺を出すタイミングがほぼ同時になった場合も、同様の気配りをなさって下さい。

 

 実践の場では、基本のマナーを習得しているからこそ、お相手のお気持ちを察することができ、お相手に好感を与えることが可能です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)