山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第445回「食事のマナー」

2019.03.22

Q 卒業や入学のお祝いで、子どもと一緒に食事に誘って下さることが何度かありました。我が子の食事中のマナーに冷や冷やしてしまいました。日常からしっかり教えておくべきだったと思います。家族以外の大人と同席をする子どもに、前もって教えておくべきことを教えて頂きたいです。(周南市・Kさん)

 

 

A では、今回は一項目ずつの説明を省き、箇条書きにて記させて頂きます。

 

座る席を勝手に決めて先に座らないように。

 

苦手の料理(食材)があっても、お皿を親の方に渡させない。

 

自分の持ち物(携帯電話やバッグなど)を、食事をするテーブルの上に置かない。小さなバッグであっても机の上はNG。

 

スープを飲む時や食事を食べる時に、顔をお皿に近づけて食べない。姿勢を保ったまま、フォークやスプーンを顔に近づける。

 

パンはちぎって食べる。歯で噛み切らない(食パンは歯形を付けてもOK)。

 

 美しいテーブルマナーの仕草の前にまずは、以上の内容を完璧にこなせるようにしましょう。お子様だけでなく大人のわたくし達も気をつけたい内容です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)