山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第444回「和食のマナー」

2019.03.15

Q 私はナイフやフォークを使う洋食より、和食の時が多いのですが、和食のマナーはあるのですか? 自宅でお客様に食事を出す時のマナーがあるなら知りたいです。

 

 

A 和食のお席、洋食のお席によって、立ち居振る舞いも使い分けることが出来れば素敵です。和食・洋食のマナーをそれぞれ知っておくと役立つことと思います。

 

 この度は、ご自宅でのお食事(和食)のおもてなしのマナーについてお届け致します。基本的な内容ですので、ご存じのお方も多くいらっしゃると思います。

 

①ご飯茶碗とお味噌汁やお吸い物などのお椀をテーブルに並べる時は、「ご飯が左・お椀が右」になるように配置して下さい。適当に置かないように気を付けましょう。

 

②お魚をお皿に盛り付ける場合は、お召し上がりになるお方から見て、「お魚の頭が左」になるようにお皿に盛り付けましょう。この向きを逆にしてしまうと、違和感をお持ちのお方が多いと思います。

 

③飲物の器は右側の奥に配置しましょう。

 

 この度は文字数の関係で右利きのお方、左利きのお方についての説明は省略致します。基本的な内容ですので、直ぐに役立てて頂けることと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)