山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第443回「メイク(お化粧)のマナー」

2019.03.08

Q 春から社会人です。お化粧のマナーで気を付けることを教えて下さい。(山口市・Yさん)

 

 

A 具体的な職業などわかりませんので、皆さまに共通してお気を付けて頂きたい一例をご紹介いたします。

 

 病院などへお見舞いに伺う時には、華やかなお化粧は控えるようにします。香水も控えるようにしましょう。ここでの「控える」とは、「ご自身の日常の分量よりも控える」という意味ではなく、「しないようにしましょう」との意味です。

 

 お見舞いでは華やかな色の口紅や頬紅も控えるようにしたいのですが、あまりにも控えすぎる色ですと、「お葬式を連想させてしまうので、よろしくない」と言われております。その点から、お見舞いに伺う場合は、お洒落の一環であっても、黒色ばかりのお洋服は控えるようにします。

 

 その他、職場によっては、「過度な」つけまつげやカラーコンタクトに決まりがある場合もあります。もしも、ご自身のお顔にコンプレックスがあり、新たなお化粧にチャレンジしようとお思いのお方は、職場での決まりも調べておくことをお奨めいたします。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)