山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第441回「感謝の言葉を伝えましょう」

2019.02.22

Q テーブルマナーに全く慣れていなくて慌てています。部下と一緒に洋食での接待に同席することになっているので、すぐに実践できる、上司らしく慣れているように見える方法を教えて下さい。

 

 

A それでは、すぐに実践できて、部下の皆さまと同席した時に好感を与える方法をご紹介します。この度は、すぐにどなた様も実践できる方法として、振る舞い方でなくセリフについてのお伝えといたします。

 

好感のもてる一番の方法は、サービスをして下さるスタッフの皆さんに、どんな時も感謝の言葉を伝えることです。緊張している場面では、スタッフの方にお声をかけることを忘れがちです。1度だけでなく何度も周囲に気配りのできる行動は上級者のテクニックです。

 

お食事中に会話をしていても、さりげなく「ありがとうございます」と、スタッフさんに伝える心の余裕を常にもっておきます。

お料理が運ばれてくる1回ずつ全てに。

飲み物をサーブして下さった時全てに。

食べ終わったお皿を下げて下さる全ての時に。

 

軽く会釈をすることも忘れないようにしましょう。簡単なことですが、緊張している場面では案外忘れがちな行動です。気にかけてみて下さい。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)