山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第435回「お土産のマナー」

2019.01.11

Q 主要な取引先にお土産を持ってご挨拶に伺う予定です。失礼のない対応をしたいので、気を付けるべきことを教えて頂きたいです。(岩国市・Yさん)

 

 

A 手土産は袋に入れて持参するよりは、風呂敷を使用する方が丁寧な印象になります。紙袋の場合は、紙袋から出してお相手にお渡し下さい。商品の一部と見なされる袋の場合は、一概には言えませんので、臨機応変に状況判断を。

 

次に、お取引先への手土産で気を付ける基本的なことをご紹介致します。担当者様に申し伝えがきちんと出来る会社であれば受付にて渡します。直接担当者様に渡す場合は、帰りがけではなく、最初のご挨拶のタイミングでお渡し下さい。お相手にお礼の言葉を添えることを忘れずに。名刺交換のある場合は名刺交換が先です。

 

今回は主要なお取引先様への大切なご挨拶とのことで、次回も引き続き訪問時のお土産のマナーについてご紹介致します。

 

一度覚えておくと様々な場面で応用可能です。マナーは最初の印象の決め手ともなります。ぜひマナーの知識をご活用下さい。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)