山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第429回「洋服のマナー」

2018.11.23

Q 寒い季節になりましたが、冬服のマナーで、きちんとした場所で気を付けるべきことがありましたら、教えて欲しいです。

 

 

A 流行に沿ったお洒落な洋服を身に付けることも状況によっては素敵なことと思います。特に今年は、ニット素材の洋服を多く見かけます。ふわふわしていて可愛らしい素材の洋服も多く、楽しい気持ちにもなれます。

 

しかし、きちんとした状況でのお仕事やご挨拶、お食事などでは、ニット素材はマナー違反になります。ビジネスの場面においても、ジャケットのインナーにニット素材の洋服を合わせるのは、カジュアルな服装とみなされます。

 

「ウォームビズ」との言葉もありますので、ウォームビズの一環として受け止めて下さることが「確定」の場合はよろしいかと思いますが、マナーの基本としては「ニット素材」「ブーツ」「革素材の洋服」はタブーであることを考慮して、洋服の選択をしてみましょう。

 

私自身、前述の3項目とも、冬の寒い時期には愛用したいものではありますが、ビジネスの場面と、プライベートの場面の線引きはしっかり行うように、心して行動したいと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)