山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第427回「コートのマナー」

2018.11.09

コートを着用なさることが多い季節になってきました。今回はコートについてのマナーをご紹介いたします。

 

和のマナーでは、訪問先では玄関に入る前にコートを脱ぐのがマナーだとされています。「防寒着を着たままご挨拶をすることが失礼に当たる」と考えられるからです。その他、マフラーやストールを羽織ったまま、ご挨拶をしたり、お食事をしたりするのも、防寒着着用とみなされるので控えるべきです。ブーツも防寒着とされることも覚えておいてください。

 

コートのマナーについて、「和のマナーでは」と記載いたしましたが、和風家屋にお伺いする状況のみでなく、洋服で洋風のお宅を訪問する時にも同様と考えてください。ただし、欧米の文化は全く逆の発想の場合もありますので申し添えておきます。お洒落でストールやブーツを取り入れたいお方もいらっしゃると思いますし、寒空の下でコートを着ずに玄関先に立っている方が不思議な光景であるかもしれません。

 

基本のマナーを知っておくことで、何を優先すべきか、状況に応じて考えることが出来ますので、この度は参考までにご紹介させて頂きました。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)