山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第418回「後ろ姿にも気をつけましょう」

2018.09.07

お客様に対して失礼のある対応をしてしまわないように気をつけましょう。

 

接客業をなさっているお方だけでなく、日常生活においても同様です。スーパーでのお会計後に商品を持ち帰り用の袋に入れている時、ビュッフェ(バイキング形式のお料理)で、お料理をお皿に盛り付けている時、その他様々な場面で同様の後ろ姿が起こり得ます。

 

マナー0907写真

写真のように、壁側から作業が出来ない時に、お料理に気を取られておりますと、お食事をしている人にお尻を向けた状態で作業をすることになります。この場合の立ち居振る舞い方は、身体を左右どちらかに向け、足の指先がテーブルと並行に向くように立ちます。そして、上半身のみをテーブルの方にひねるようにします。左足を前に出している時は、身体は右ひねり、右足が前の場合は身体は左ひねりにします。

 

この度は男性の場合の写真となりましたが、女性の皆さまも気になさってみて下さい。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)