山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第417回「コーヒーと紅茶のカップ」

2018.08.31

写真1

写真1右側はコーヒー用カップ、左側は紅茶用カップ

 

 

 

 

 

 

写真2                   写真3

写真2コーヒー用カップ      写真3 紅茶用カップ

 

 

このように、紅茶用は赤褐色や黄金色など美しく透き通ったお茶の色が、より一層見えやすいように器の口が広く、浅い器になっています。一方、コーヒー用は紅茶用の器と比べると、背が高く器の口が狭くなっています。

 

紅茶・コーヒー兼用の器もありますが、明らかにどちらか判る器である時には、気にかけてみると良いと思います。

 

ちょっとした知識で、お客様を丁寧な気持ちでおもてなしする心が、お相手にも通じると嬉しいですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)