山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第410回「テーブルナプキン」

2018.07.06

先週のテーブルマナーについての5項目のうちの1つ「和食の時もテーブルナプキンが用意されていたならば、洋食の時と同様、二つ折りにしてお膝の上に置きます」について詳しくお伝え致します。

 

テーブルナプキンは「3分の1のみ折り畳む」と思われているお方もいらっしゃるかもしれません。しかし、テーブルナプキンの裏面はお口を拭く用途に使用しますので、お口に付いたお料理の脂分が、洋服に付着することも考えられます。洋服に裏面が直接付かないように、真半分に折り畳んで使用しましょう。

 

食事終了後のテーブルナプキンは、椅子の上ではなく、テーブルの上に置きます。置く位置は、ご自身のお皿の左側です。お皿の位置よりも少し手前(ご自身側)に置くとスマートに見えます。理由は、飲み物は右側に置いてあるはずですから、テーブルナプキンを持った手が、飲み物の器に当たってしまうなどのハプニングを防ぐためでもあります。

 

テーブルナプキンでお口を拭くタイミングとして、飲み物を飲む前には全てのタイミングで使用します。慣れてくると自然に振る舞えるようになり、面倒には感じません。ぜひお試しください。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)