山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第403回「歩き方の工夫」

2018.05.18

Q ハイヒールで歩くと、いつも歩き方が変だと、主人に指摘をされ、ぺたんこ靴を履いてしまうのですが、ハイヒールで美しく歩きたいと思っています。内股歩き改善の歩き方はありますか?

 

 

A 内股歩きに見える人は、歩く時のつま先の角度を確認してみてください。かかとは、左足・右足ともに、真っすぐ一つの線の上を歩くようにします。その時のつま先は、歩いている直線の上よりも、少し「外側」に向けるようにします。あまりにも大きく外向きにしてしまうと、ガニ股歩きに見えるので、周囲の人に気が付かれないように、ほんの少しの微調整に留めておきます。

 

この度、つま先の向きが、線の上から何センチ程度の外向きにするべきなのか、具体的な長さを皆さまにお伝えしない理由は、歩き方のレッスンを皆さまにしておりますと、それぞれのお方の靴のデザインや、体型、歩き方の癖によっても、つま先の角度の微調整には個人差があるからです。解決方法としては、ご自身で、鏡の前を歩いてチェックをしてみてください。ほんの少しの角度で格好良く変身出来ます。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)