山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第395回「言葉の言い換え」

2018.03.16

先週は、肯定的な言葉に言い換えて会話をする方法をお伝え致しました。この度は、お相手の言葉を言い換えると失礼な印象を与えてしまう例をご紹介致します。

 

① Aさん「みかんジュースが好きなんです」。→Bさん「オレンジジュースがお好きなんですね」。

 

② Aさん「絆創膏をお持ちでしたら1つ頂けますか?」。→Bさん「カットバンですね。ありますよ」。

 

③ Aさん「今日は、近くの駐車場が満車でしたよ」。→Bさん「そうですか。近くのパーキングは、満車だったんですね」。

 

3つの例のように、お相手がおっしゃっている言葉を変換して伝えてしまうことにより、お相手の言葉を否定している印象を与えかねません。日常会話の場合は、お相手の言葉を素直に認める言動をすることで、お相手が心を開いて会話をして下さる効果があります。

 

しかし、言葉の違いでミスを引き起こすことが想定される、仕事での事項伝達時などには、細やかな言葉の確認が必要です。状況に応じた会話の方法を選択しましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)