山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第379回「来客対応(案内)」

2017.11.17

前回の続きとして、お客様への対応「案内編」をお届けいたします。

 

 目の前にいらっしゃるお客様がお一人であっても、お客様のお名前を呼びご案内します。ご案内係のお方は、前もってお客様のお名前を知っておくと、より一層丁寧な対応が出来ます。

 

お客様の営業担当のお方も、お手数であっても、ご案内係のお方に前もってお客様のお名前を伝える習慣にしておくと、お客様に対して、より丁寧な対応が出来、社内全体の接遇マナーアップに繋がります。

 

〈例〉「〇〇様、お忙しい中お越し頂きまして有難うございます。△△へご案内をさせて頂きます。どうぞ」。

 

○営業担当者でなくとも、会社の一員として、お客様にお礼の言葉が言えるようにしておきます。

 

○お客様に階段をご使用頂く場合には、階段をご使用頂く旨のお断りの言葉も添えます。

 

○男性のお客様に階段を上って頂く場合は、お客様であっても先に上って頂き、その後ろを女性が歩きます。※この場合、社交のマナーでの順序と異なります。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)