山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第378回「来客対応(受付)」

2017.11.10

先週お伝えしました来客対応のうち、「担当者に取り次ぐ(受付)」に関して、お約束をなさっているお客様がお越しになった時の対応について具体的に説明いたします。ここでは、「玄関口に呼び鈴があり、社内の皆さんはお部屋の中にいる」という設定でお話をいたします。

 

お客様が受付のベルを鳴らして下さった時には、社内の方々への連絡より優先して玄関口に駆けつけましょう。壁の向こうにいらっしゃる社内の皆様のお声は、全てお客様に聞こえております。社内の連絡よりもお客様を優先してお迎え出来る態勢を整えておきましょう。お客様側は、お客様ご自身が御社にてどの程度の扱いをされているのか、ご自身で判断なさることでしょう。来客用のベルが鳴った場合には、対応をする担当者のみでなく、周囲の方々も私語を慎むなどの協力態勢が必要です。

 

来客対応に関するほんの一場面の紹介になりましたが、いかがでしょうか? 受付担当者以外のお方もお客様の対応について配慮して頂けると、会社のさらなるイメージアップに繋がります。皆様で気をつけて頂ける社内環境でありますように。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)