山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第377回「お客様への対応」

2017.11.03

 弊社にお越しになるお客様は、営業担当が苦労して人間関係を築き上げてきた大切なお客様なのですが、弊社にお越し頂いた時に、内部勤務の人々にその気持ちが伝わらず困っております。失礼のないお客様の迎え方を社内教育の一環として指導したいのですが、良い方法はありますでしょうか。

 

 

A 項目ごとに社内の皆さんで、お客様のお迎えの方法を検討してみてはいかがでしょうか。マナー研修をする際には、次のように7項目に分けてお伝えをしております。

 

①担当者に取り次ぐ(受付)。

②案内をする(階段・廊下)。

③部屋にお通しする(引くドア・押すドア)。

④案内した人は一旦退室。

⑤お茶を出す。

⑥お見送り。

⑦お礼の伝言。

 

「誰に対応をお願いすべきなのか」「速やかに対応出来る体制であるか」など、お客様をお待たせしない対応を検討していきます。その後、それぞれの項目についての実技練習を行い、スムーズな立ち居振る舞いを実践出来るようにしてみましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)