山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第376回「立食のマナー」

2017.10.27

Q 「ここのお料理はとっても美味しい」と周囲の方々に言われ、ここぞとばかり大量に食べてしまいました。数日経ってから、「もしかして間違っていたかも?だって他の人たちはお料理を食べていなかった」と不安になってきました。私は初めての仕事上での立食パーティーにて失敗したのでしょうか?(下松市・Yさん)

 

 

A 立食パーティーでお料理を食べることがマナー違反になるわけではありません。もしも、お料理を食べたことを気になさっていらっしゃるならば、次回は気に留めて頂きたいことがあります。

 

立食パーティーでは、お料理を頂くことのみが目的ではなく、参加をなさっている皆さまと会話を楽しむことも大切です。着席のお食事会と立食パーティーとの違いは、立食の場合は1か所に留まることなく、様々な場所へ動き回ることが許されていることです。会話を楽しむためには、お口の中に運ぶお料理の量にも気を遣い、お皿に取り分けるお料理の量も会話を楽しむ交流の時間を配慮した量になることでしょう。

 

お食事と会話の両立が出来るようになると、一段と楽しい時間を過ごせると思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)