山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第375回「座り方のマナー」

2017.10.20

Q 椅子やソファの座り方についてのマナーを教えて下さい。(山口市・Sさん)

 

 

A マナーの観点からお伝え致しますと、椅子に座る時には、椅子の左側から座るようにします。左側から座る考え方は洋食のマナーの時に役立ててみて下さい。しかし、ビジネス上の場所などで、上座・下座が明確になっている時はこの限りではありません。また、和のマナーですと下座側から入るようにします。

 

この度は、椅子とソファの座り方に共通したマナーについてのご質問でしたが、美しい立ち振る舞いの観点からもご紹介致しますと、椅子・ソファ共に深く腰掛けず、浅く座るようにし、姿勢に気を付けます。膝が離れないように、左右の膝をしっかりくっ付けておくことも忘れないようにしましょう。

 

小さなバッグは、ご自身がお座りになっている後ろに置くことが出来ます。目安としては、A4サイズの用紙以上の大きさのカバンは、荷物入れと見なしますので、椅子やソファの上には置かないことを優先して下さい。お相手のカバンの場合は、椅子の上に置くことを奨めてあげる心遣いも大切ではあります。

 

いかがでしょうか? 小さなマナーの知識も大切にして行動することで、品位に繋がるように思います。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)